メンタルヘルス

長年双極性障害を患っていると本当の自分がわからなくなる

投稿日:2018年9月22日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

精神疾患に限らず、病気を持っている方は、自分がわからなくなると感じることがあるかと思います。
それは、病気の存在がもたらしたり、病気の症状が影響したりするでしょう。

もちろん、いわゆる健常者も、自分がわからなくなることもあると思いますが、それとはまた違う困りごとですよね。

病気に左右されてしまう生活と自分

病気に左右される生活は、自分をわからなくさせます。

一般的に、症状が現れたり、それに対する治療や療養が必要なので、病気はどうしても生活の一部に溶け込んでしまいます
そして、あまりに大きく食い込んでしまうと、自分を迷わせます。

特に、双極性障害などの精神疾患を長いこと患っていると、生活の中での困りごとが多いため、自分がわからなくなりがちでしょう。

「病気」がアイデンティティとなってしまう

長く病気を患っていると、病気が自分の一部となってしまうことがあります。
それはそれでいいとは思うのですが、過剰なまでに取り込んでしまうと、自分の個性、そしてアイデンティティになりがちです。

つまり、自分を紹介するにあたって、病気が欠かせないものとなってしまうのです。

病気になる前と、病気になった後で、自分を紹介するものが変わってしまうため、自分がわからなくなる人も多いことでしょう。

双極性障害は躁とうつの波に翻弄される人生

私も妻も双極性障害で、Twitterのフォロワーさんにも双極性障害の人も多いのですが、躁とうつに翻弄されてしまうことが多いです。

私のようなⅡ型の双極性障害の場合は、うつ病相に悩まされることが多く、ときおりやってくる平穏も、軽躁という症状なのか、はたまた症状の出ていないフラットな状態なのか、わからなくなります。

軽躁とうつとフラット、果たして本当の私はどれ?と悩まされるのは、双極性障害あるあるでしょう。

どれが本当の自分?どれも本当の自分?どうしたらいいの?

これまで述べたように、病気であるという事実と、病気の症状として現れる姿が、自分という存在を危うくさせます

病気の自分が、本当の自分なの?
病気でない状態の自分が、本当の自分なの?
症状が治まっていないときは、本当の自分ではないの?
症状が治まっているときって、いつなの?
症状が出ているときは、自分ではないの?

本当の自分について考えたとき、色々な疑問や感情がうごめきます。
果たして私たちは、このような気持ちにどのように接したらいいのでしょうか?

私が思うに、2つの接し方があります。

その①:どの自分も自分であると受け入れてみる

一つは、自分を受け入れるという方法があります。

どのような状態であれ自分であるならば、全てひっくるめて受け入れよう、というものです。
一番シンプルな接し方ですね。

ただ、これまで自分がやってきたことに蓋をしたい人には、きついことかもしれません。
過去は過去と割り切って徐々に受け入れよう、という他ありません。

その②:「自分」と「病気」を分ける

もう一つは、「自分」と「病気」を切り分けてしまうことです。

自分は自分、調子が悪かったり、奇行に走ってしまったのは病気のせい、というものです。
自責の念を軽減するには有効かと思います。

ただ、この場合、「病気」と「病気じゃない」の線引きが難しく、結局堂々巡りになりかねません。
精神疾患は、その人自身に引っ付いて回るので、より難しいでしょう。

その①と②の両方をうまく取り入れるのがベスト?

その①も②も一長一短です。

そこで提案したいのがその①をベースにしつつ、その②も取り入れちゃおうというものです。
すなわち、自分を全て受け入れてあげるスタンスでいて、割り切れない点は病気のせいにしてしまおうというものです。

ムシがいいと思うかもしれません。
でも、少しくらい大丈夫と私は思うんですよ。

これまでつらい思いをしてきたよね?

たくさん悔しい思いをしてきましたよね?

多少調子のいいことをしたところで、世間も神様も怒らないのではないでしょうか?
もちろん、他人を傷つけない範囲でですが。

本当の自分と上手く接しよう

双極性障害をはじめとした精神疾患を持つ人は、本当の自分って何?となることが多いです。
それは、病気そのものが、アイデンティティを揺るがすためでもあり、病気の症状で日によって別人のようになるからです。

私たちは、本当の自分と上手に接する方法を考えなければなりません。

今回ご紹介した、自分を全て受け入れるスタンスで、割り切れないことは病気のせいにする、というのは一つの提案です。
どのように接するのが良いのかは、人によって変わるので、参考の一つにしてみてください。

 

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス

執筆者:

関連記事

我々は病者である前に人間である

こんにちは、ヤチヤチルです。 深い、けどあたりまえのことをタイトルに付けただけなんですが、色々思うところのある人もいるので記事にしてみました。 今後より深めていくつもりです。 目次1 療養への息抜きだ …

Twitterの使い方として「命のツール」があると思うんだ

こんにちは、ヤチヤチルです。 このブログに流れてくる人のほとんどがTwitter経由だと思うので、みなさんTwitterをやっていることでしょう。 Twitterはネット環境さえあれば誰でも、いつでも …

閉鎖的集団のメリット・デメリット

こんにちは、ヤチヤチルです。 ここでの「閉鎖的集団」とはうつや発達障害など主に生きづらさを抱えている人たちの集まりを指しています。 また、コミュニティより小さな単位で考えたかったので、「集団」としまし …

うつになるサインを知っておこう

こんにちは、ヤチヤチルです。 突然ですが、うつになるときの自分の状態や環境を把握していますか? 可能な限りメンタルの不調のサインを把握しておくと生活がしやすくなります。 私も、完全にではありませんが、 …

【感想】まい『まいちゃんの双極取扱説明書: そう&うつなあなただってきっと大丈夫。』(合同出版)

こんにちは、ヤチヤチルです。 今回はまい著の『まいちゃんの双極取扱説明書: そう&うつなあなただってきっと大丈夫。』(以下、『まいちゃんのトリセツ』)についての感想です。 目次1 周囲の人たち …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター(内職)。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly