メンタルヘルス 睡眠

夜に眠れないときはゴロゴロする?一度起きる?

投稿日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

人間誰しも眠れない夜ってあるものです。
特に精神疾患を持っている方は眠れないという悩みを抱えていることが多いのではないでしょうか。

眠れないときってどうしたらいいのか困りますよね。
大きく分ければ、一度起きるべきなのか、布団にもぐったまま睡魔を待つのか、の二つになります。

そんな眠れない夜の過ごし方について考えてみました。

眠れないってつらいよね

明日朝早いのに眠れない。
疲れてるのに眠れない。
嫌なことを忘れたいのに眠れない。
調子が悪いのに眠れない。

理由はさまざまであれ、ともかく眠れないというのはつらいもの。
人間にとって睡眠は欠かせないものですから。
睡眠を取ってリセットするのは重要なことです。

眠れないと精神が不安定になる

眠れないと、余計なことを考えがちになりません?
私はネガティブなことで頭の中がいっぱいになることがあります。

今日一日何もしていないことへの罪悪感。
将来への不安。
過去のつらい思い出。

夜というのもあり、さまざまなことを考えて、精神が不安定になってしまいます。
結果として次の日に影響が出て、グダグダな一日になってしまう。
睡眠の質は、生活の質を左右するのは間違いありません。

では、眠れないときはどうしたらいいのでしょうか?

主治医曰く、起床時間まで布団にもぐる方が良い

私の主治医曰く、眠れなくても、布団の中で大人しくしている方が良いそうです。
これは、生活リズムを乱さないことに主眼を置いているからです。

というのも、規則正しく決まった時間に起きるというのは、症状の安定に良い方向に働くためです。
仮に眠れてなくても、布団から出て「起きる」というのは大事な行動とのこと。
なので、(就寝時間と)起床時間を守って、布団で大人しくしていることが大切になります。

目をつむっているだけでも身体は休まると聞きますよね。
そういう観点から考えると、大人しくしているというのもバカにできないでしょう。

私は一度起きて何かする派

でも、眠れずに布団で大人しく過ごすというのはなかなかな拷問
私はどうしても布団から出てしまいます。
今も布団から抜け出して、このブログを書いています。

先述したようにネガティブなことばかり考えてしまうのでつらいんですよね。
あと、主治医に刃向うわけではないのですが、眠れないときは無理せず一旦布団から離れた方が良いと、どこかで聞いたことがあるのも理由の一つです。

さて、布団から抜け出したはいいものの、眠くなるまでどう過ごすべきか。
ここで、オススメの過ごし方を紹介します。
(※ちなみに、今の私みたいにPCやスマホをいじるのは、あまりオススメではありません。光で覚醒するので)

温かい飲み物を飲む

水を入れたやかんを火にかけ、ぼーっと火を眺めながらお湯が沸くのを待ち、お湯が沸いたら温かい飲み物を入れる。

この一連の動作は気分を落ち着かせると思うんですよね。
特に火がお湯を沸かし、湯気が出る様はリラックスさせます。
そして、温かい飲み物で身体が温まる

温かい飲み物は何でもいいとは思いますが、カフェインが多く含まれた飲料は避けた方がいいでしょう。
ただ、どうしても○○がいいの!というなら、別にいいのかもしれません。快適に過ごすことも大切ですから。

ちょっと難しい本を読む

面白い本だと目が冴えてしまう。
難しい本だと読む気が起きない。

そんなときに活躍するのが、ちょっとだけ難しい本です。

ちょっとだけ難しい本なら取っ付きやすいですし、寝不足状態ならそこまでハマりません

ただ、そんな本は手元にないという方もいるので、誰しも試せるわけではないのが欠点です。

ストレッチをする

身体をほぐすと気分もほぐれ、身体も温まるので眠気が出てくることがあります。
ストレッチは簡単にできて、とても有効です。
布団から出て、身体をぐいーっとしましょう。

ストレッチは何でもいいですが、激しかったり、根詰め過ぎたりすると、逆に目が冴えてしまうこともあるので気を付けましょう。

頓服薬を飲む

不眠時の頓服薬を処方されている方は服薬することをオススメします。
精神疾患は病気で、症状として不眠が出ている場合が多いので、適切に処方薬を使うのは正しい判断です。

次の日の朝が早い、とかで服用できない場合もありますが……。

眠るのをあきらめる

これは最終手段になります。
眠るのをあきらめて、開き直るのです。

無理に眠ろうとすると余計にストレスが溜まり、疲労が回復しません
睡眠は一日の疲れをリセットしたり、リフレッシュするため等にあります。
そんな睡眠に振り回されては元も子もありません。

眠らない勇気もときには必要なのかもしれません。

眠れない夜の過ごし方に絶対の正解はないと思う

これまで述べたように、眠れない夜の過ごし方にはさまざまなものがあります。

思うに、絶対これが正しい!というものはないんですよね。
人それぞれにあった対処法を取るのが一番なのではないでしょうか。

主治医のアドバイスは絶対?

こんなことをブログで書くのもどうかと思いますが、主治医のアドバイスって絶対ではないと思います。

もちろん治療的側面のある指導や服薬指示は守るべきなんでしょうが、生活スタイルのことについては、参考程度でいいような気がします。
(ちょっと怒られそうですが……笑)

みなさんが良い眠りに就けますように

常識的な範囲内なら、眠るためにどんな手段を使ってもいいでしょう(眠らないという手段もありますが)。
眠れないと困ることが多いですし。
布団から出る派なら、今回紹介した方法を試してみてください。

  1. 温かい飲み物を飲む
  2. ちょっと難しい本を読む
  3. ストレッチをする
  4. 頓服薬を飲む
  5. 眠るのをあきらめる

眠れないお前が言うな、という感じですが、皆様が良い眠りに就けますように。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 睡眠

執筆者:

関連記事

Twitterやブログで無理に背伸びするのをやめる話

こんにちは、ヤチヤチルです。 大なり小なり、誰しも人から良く見られたい、高い評価を得たいという気持ちはあるのではないでしょうか。 私も例外なく少なからず評価されたい欲求があります。 なので、これまでT …

【雑記】理解はあるが子が精神疾患を持っていることを受け入れられない両親

こんにちは、ヤチヤチルです。 ありがたいことに、私の親は病気について詳しく調べたり、それなりの対応を取ってくれます。 若干過剰で神経質なところを除けば理解してくれてるんだなと感じています。感謝です。 …

「過小な要求」がパワハラだって知ってた?

こんにちは、ヤチヤチルです この前TVを観て知ったのですが、「過小な要求」というのがパワハラに当たるそうです。 実は思い当るところがあって、おそらく上司から「過小な要求」を一時期受けていました。 パワ …

ペットとの言語外のコミュニケーションによる癒しと責任による成長

こんにちは、ヤチヤチルです。 Twitterで私や妻は愛犬レイの写真をあげたり、可愛い行動を解説したりしてます。 実家では猫も飼っています。 動物って癒されますよね。 動物が苦手な方も、何かに癒される …

昔の自分に戻るよりも新たな自分になる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患を患うと、多くの人は自分という存在が一変します。 以前より体力や精神力が減る。 判断力や思考能力が落ちる。 これまで出来ていたことが出来なくなる。 前の自分はどこ …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター(内職)。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly