メンタルヘルス

どうしよう……何となくやる気が出ない

投稿日:2019年11月23日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

仕事に打ち込めない。
勉強に集中できない。
家事がはかどらない。

多かれ少なかれ、人間誰しも何となくやる気が出ないことってありますよね。
私もこの記事を書き始めるまでに時間がかかりました。

やる気が出ないってもどかしくありませんか?
やらなくちゃいけないのにできない、何から手を付けていいのかわからない。
焦燥感に駆られることもしばしば。

なんとかやる気を出したいと願う気持ちを持つこともあるでしょう。
やる気を出す、は人類の大問題です。やる気問題です。
では、やる気問題に対して私たちはどう向き合ったらいいのでしょうか。

基本的に行動がやる気に先立つ

どうしたらやる気は出てくるのか。
最初から残念なお知らせですが、基本的に自然にやる気は出てこないそうです。

認知(行動)療法を紹介しているデビッド・D・バーンズ著『いやな気分よ、さようなら』(星和書店 2010年第2版)では、次のように解説しています。

気力が先にあって、行動や成功を導くという考えが誤りなのです。そうではなくて、行動が先に来て気力は後からやってくるのです。

デビッド・D・バーンズ 著、野村総一郎訳者代表、増補改訂第2版『いやな気分よ、さようなら――自分で学ぶ「抑うつ」克服法』p126 (星和書店 2010)

気力はやる気と読み替えてください。
(権威主義はいかがなものかと思われるでしょうが)精神科の偉い先生が言うのだからその通りなのでしょう。
ちなみに私の前主治医も同じこと言ってました。

そんなわけでやる気問題は、「つべこべ言わずに行動する」でおしまいです。
ただ、極度のうつ状態のような病的なものはそうではないと思うんですよね。
(病的なやる気問題については後ほど述べます)

でも、「つべこべ言わずに行動する」と言ったってどうしたらいいんでしょう。
ここで私から3つの提案をします。

やる気を出すための行動①:作業環境に身を置く

PCを立ち上げる。
勉強机に向かう。
キッチンに立つ。

何事においても環境というのは大切です。
とりあえず、環境を変えてやらなきゃいけないことを目の前にしましょう
私は大学院受験のときは、まずは図書館に行くことをしていました。
目の前にすれば気持ちが切り替わって、案外やる気が出るかもしれません。

やる気を出すための行動②:手を動かす

キーボードをカタカタしてみる。
ペンでノートに何か書く。
料理のために手を洗ってみる。

書くことにおいてですが、まずは思ったままのことを書きだしてみると良いウォームアップになるそうな。私も今試していますが、なかなかいいです。
これは他のことにも当てはまると思っていて、何でもいいので手を動かしてみるとリズムが乗って、やる気が出てきます。
実際に身体に刺激を与えるのは効果的でしょう。

やる気を出すための行動③:ルーティンを作る

仕事なり、勉強なり、家事なり、大抵のことは毎日のようにやらなければならないことです。
なら、いっそのことルーティンを作ってみませんか?

仕事前にコーヒーを飲む。
散歩をしてから机に向かう。
鼻歌を歌いはじめながら野菜を切り始める。

身(行動)を切り替えることで、心も切り替わること間違いありません。
大学院生の頃、私は研究を始める前に必ず紅茶を飲んで、気持ちを切り替えていました。
自分なりのルーティンを身に付けてみましょう。

病気でやる気が出ないときは休もう

先述したように、うつ状態がひどかったり、高熱だったり、病気でやる気がでないときは勝手が違うと思うんですよ。

うつなら精神のエネルギーが、高熱なら身体のエネルギーが不足している状態です。
心身の調子が悪いときにやる気なんて到底出ません。
出たとしても、よっぽどでない限りやってはいけません。経験上ろくなことになりません。
潔く休みましょう。

とくに数値化できないうつのときは、どれくらいなら休むべきか判断が難しいところですが、ダメなときはダメなものです。
うつっぽいな、というときは、身近な人に判断を仰いだり、これまでの自分と比較してみたり、過去の症状を振り返ったりして休む決断をするようにしましょう。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス

執筆者:

関連記事

「私が休職・退職してしまった原因③ 自分で設定したハードルが高い」

こんにちは、ヤチヤチルです。 「私が休職・退職してしまった原因」について最後の記事です。 1回目は頭のOFFができない、2回目はコミュニケーションに疲れた、という話題でした。 最後は、自分で自分へのハ …

昔の自分に戻るよりも新たな自分になる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患を患うと、多くの人は自分という存在が一変します。 以前より体力や精神力が減る。 判断力や思考能力が落ちる。 これまで出来ていたことが出来なくなる。 前の自分はどこ …

嫌われがちなファッションメンヘラもガチメンヘラ予備軍ではなかろうか?

こんにちは、ヤチヤチルです。 インターネット、特に精神疾患に関する話を見ていると、ファッションメンヘラという言葉が散見されます。 ここでのファッションメンヘラとは、(診断が下っていないのに)精神疾患を …

【感想】ブリ猫。『うつを甘くみてました』

こんにちは、ヤチヤチルです。 今回はブリ猫。さんの闘病マンガ『うつを甘くみてました』の感想になります。 Twitterやpixivで発信して、書籍化になったマンガです。 私と同様に、ブリ猫。さんもⅡ型 …

頑張りは真似ではなく参考にしよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 世の中、色々な人が色々な頑張りを見せています。 頑張っている人を見て、ああ私も頑張らなければ、と思うことも多いでしょう。 感化されるのは良いですが、頑張りは真似ではなく、 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly