メンタルヘルス 日常 社会

「頑張ってる」という言葉によって排除される人々

投稿日:2018年8月25日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

「頑張ってる」って言葉あるじゃないですか?
私もよく「頑張ってる」って言葉をかけてもらいます。ありがたい限りです。褒めて伸びるタイプなのでもっともっと褒めてください。

ただ、「頑張ってる」って言葉は難しくて、使い方によっては人を排除する可能性があるんですよね。
実際、妻は傷ついたことがあったそうです。

少々きついことかもしれませんが、事実ではあります。

「頑張る」って何?

そもそも「頑張ってる」って何なのでしょうか?

(「頑張ってる」は見当たらなかったので)「頑張る」は辞書的には次のような意味ですね。

1 困難にめげないで我慢してやり抜く。
出典:goo国語辞典(https://dictionary.goo.ne.jp/jn/49508/meaning/m0u/)

かなりハードルが高いような……。

辞書的にも、若干解釈の余地を残しているように感じますし、現実で「頑張る」はもっと曖昧に使われていると思うんですよね。
結局、「頑張る」の基準は人それぞれではないでしょうか。

働いてお金を稼いだり、家事をしたり、学業に励んでいたりしないと頑張ってるとは認めない人がいれば、生きているだけで頑張ってると考える人もいます。
「頑張る」「頑張ってる」のように、基準がばらつく言葉は珍しいかもしれません。

「頑張ってる」という言葉によって排除された感覚を持つ人々

「頑張ってる」という言葉を人に対して使うとき、「頑張ってる」から排除される感覚を誰かに与えてしまうことがあります。

これはもちろん場面や文脈によります
例えば、「ヤチヤチルは頑張ってるから好き」と言った時には特に問題はないと思います。
あくまで「ヤチヤチル」を評価しているだけで、「ヤチヤチル」以外を「頑張っていない」と排除しているわけではないことはわかるからです。

「頑張ってる」はときに不明瞭な言葉となり誰かを排除する可能性がある

しかし、例えば「頑張ってる人は助けたい」と言った時には問題が発生するかもしれません。
「頑張ってる人」というのは誰なのか不明瞭であり、基準もばらつくことから、いくらでも想像できてしまうからです。

メンタルを病んでいる人は自己肯定感が低い傾向にあります。
そのためネガティブに捉え、「ああ、私は頑張ってない人だろうな」と「頑張ってる人」から排除されたと考え、傷つくことがあります。
そんな極端な……、と思われるかもしれませんが、それほど傷つきやすい人もいます。

頑張りの限界を超えた人を追い詰めてしまうこともあるでしょう。
このような不明瞭な使い方は意図せず人を傷つけることがあるのです。

「頑張ってる」という言葉は難しい

ものすごいネガティブに「頑張ってる」について書いてきました。

歪んだ考えだと思う人もいるかもしれませんが、事実私の妻はそれで傷ついたことがあります。
だからと言って、「頑張ってる」は使うな!とは言えません

「頑張ってる」という言葉が良いニュアンスなのはわかっている

基本「頑張ってる」は良いニュアンスを持っていることは分かっています。
なので使いたくなりますし、時と場合によりますが、「頑張ってる」と評価された方は嬉しく思うことが多いです。

最初にも述べましたが、私は自分に対して「頑張ってる」と評価されるととても嬉しいです。
そう考えると、誰かを排除するような使い方が良くないわけですね。

結局のところ、使い方次第、受け取り方次第

少なくとも「頑張ってる人」といった、不明瞭な相手に使うのは文脈を考えた方がいいでしょう。
誰かを排除する可能性があります。

「頑張ってる」の基準は違いますし、先ほど述べたように自分は「頑張ってない」と思ってしまう人もいます。

といっても、使う側としては、そこまで配慮できるか!、と感じるでしょう。

「頑張ってる」は使い勝手は良いですが、難しい言葉です。
結局使い方次第、受け取り方次第、としか言えないでしょう。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 社会

執筆者:

関連記事

人と話すのが苦手なのは怖いからです

こんにちは、ヤチヤチルです。 メンタルを病んでいる人の中には、人と話すのが苦手だ、という人が多いと思われます。 私も話すことに苦手意識があり、よく無口な人だと思われています(実際無口な方ではありますが …

我が家のペット(レイやん)から学んだ生きやすく生きるコツ

こんにちは、ヤチヤチルです。 ヤチヤチル レイやんから学ぶことって多いよね! 妻 可愛いだけが取り柄じゃないよね! 家でペットを飼っている人も少なくないでしょう。 我が家にもレイやんというチワワがいま …

長年双極性障害を患っていると本当の自分がわからなくなる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患に限らず、病気を持っている方は、自分がわからなくなると感じることがあるかと思います。 それは、病気の存在がもたらしたり、病気の症状が影響したりするでしょう。 もち …

無理に「共感」せず「理解」で留めよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 実生活でもオンラインでも、自分の考え方とは異なる言動がありますよね。 そんな言動に出くわしたとき、皆さんどうしますか? 多くの方が憤りや悲しみを感じることが多いのではない …

同病の妻と共に実家に帰る際に気を付けたいこと

こんにちは、ヤチヤチルです。 お盆なので(東京の一部地域のお盆は7月中旬)、先日、妻と共に私の実家に帰省しました。 しかし二日目に妻が鬱になってしまい、二泊三日ではなく一泊二日で帰宅することになりまし …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly