メンタルヘルス 日常 社会

人と話すのが苦手なのは怖いからです

投稿日:2018年8月19日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

メンタルを病んでいる人の中には、人と話すのが苦手だ、という人が多いと思われます。
私も話すことに苦手意識があり、よく無口な人だと思われています(実際無口な方ではありますが)。
特に初対面の人や義両親には、その傾向が強いと思われます。

また、以前の記事でも書いたように、文字でのやり取りも苦手で、Twitterのリプライもなかなかできません(リプライを受けるのはとてもうれしいのでどんどん下さい!)。

なぜ話すことが苦手かというと、単純に怖いからです。

人と話すことが怖いのはなぜなのか

先ほど述べたように、人と話すことが苦手なのは恐怖から来ます。

なぜ怖いと思うのでしょうか。

それは主に次の2点です。

話し相手の機嫌を損ねないか心配になる

以前の記事では喜怒哀楽がわからないから苦手、と書きましたが、それは連絡を待つ場合の話です。
関連がないとは言えませんが、今回の話題は話しかけることだと考えてください。

言葉で伝えられることの量は限界があり、時に言葉はナイフとなります。
相手を傷つけてしまうこともあるのです。

そんなことばかり考えていたら話なんかできません。
しかし残念なことに、そんなことばかり考えてしまうのです。
相手を不快にさせる恐怖から、言葉選びに慎重になります。

結果として、会話に入っていけなかったり、話しかけるタイミングを逃すことになってしまうのです。

人と話すことへの羞恥心が強い

自分が話すことで場が凍らないか、頓珍漢な話を振ってしまわないか、いつも恐怖におびえています。
人前で恥をかくことがとにかく怖いのです。

もしも失敗したら……、と考えるとぞっとします。
余計に話すことが怖くなるでしょう。

恥をかくくらいなら、いっそ話を積極的にしたくない、と考えてしまうのです。
人と話をするのが怖い原因は羞恥心も大きいのです。

人と話すことが怖くても何とかなった例

はっきり言ってしまえば、未だにこれといった対応策は見つかっていません
一番は恐怖を乗り越えることでしょうが、そう簡単にはいかないものです。

ここでは、上手く話すことができた例をあげていきます。

会話の主導権を握る

主導権を握ってしまえばこちらのものです。
恐怖も薄れます。
自分が中心となって会話が進んでいきます。
多少の失敗もごまかすことができます

会話が思わぬ方向に言ってしまった場合、話に加わりづらくなることがありますが、流れやテンポはつかめているので、恥をかかずに再度加わりやすいです。

ただ、主導権を握ること自体が難しく、大抵うまくいきません。

コミュ力の高い人に混ぜてもらう

受動的になりますが、コミュ力の高い人に声をかけてもらう、ということもありました。
上手くリードしてもらえるので、自然と溶け込むことができ、恥をかくことも無難な言葉選びもできます。
失敗をフォローしてもらえたり、コミュ力の高い人が仲介人として助けてくれることもあります。

妻は特性上、コミュ力が高いように振る舞えるのでいつも助かっています。

しかし、受動的ゆえ、気にかけてくれる人がいなければ会話に加われません

相槌だけ打つ

最終手段ですね。

相槌を打っていれば何とか乗り切れます。
相手が会話をしてくれるので楽ではあります。

ただ、これは楽しくないですね。その場しのぎです。
それに、適切な相槌は何か、というところで過剰な相手への気遣いや羞恥心が出現します。

相槌のスキルを上げれば、もしかしたら楽しくなるかもしれません。

話すことを怖く感じないためには場数が必要?

私は社交不安障害(SAD)とは診断されていないため、治療が必要ではないと思っています(多分)。
そのように考えると、場数を踏むしかないのかもしれません。

初対面の人にも臆せず話す。

義両親をおとうさん、おかあさんと呼んで話しかける。

気になったツイートにはリプライをする。

少しずつでも実行しないことには始まらないのかもしれません。

長い道のりとなりそうですが、少し前向きに検討します。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 社会

執筆者:

関連記事

ストレスも塵も積もれば山となる?

こんにちは、ヤチヤチルです。 ついつい見逃されがちですが、人生って細かなストレスの連続だと思うんですよね。 テレビの報道にイライラしたり、晩御飯に何を作るか悩んだり、役所に出す書類を書かなければならな …

無理に「共感」せず「理解」で留めよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 実生活でもオンラインでも、自分の考え方とは異なる言動がありますよね。 そんな言動に出くわしたとき、皆さんどうしますか? 多くの方が憤りや悲しみを感じることが多いのではない …

勝ち組・負け組は自分の軸で決めようぜ

こんにちは、ヤチヤチルです。 世の中には「勝ち組・負け組」という言葉がありますよね。 勝ち組とは絵に描いた「理想の生活」を送る、ということを指しますね。 例えば、社長と結婚し玉の輿にのる女性。 会社で …

「生物学的死」と、「社会的死」と、お医者さんと

こんにちは、ヤチヤチルです。 Twitterでのツイートだったかと思いますが、お医者さんの役割について少し気になったので、記事にすることにしました。患者のくせに生意気ではあるのですがね笑。 目次お医者 …

頑張りは真似ではなく参考にしよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 世の中、色々な人が色々な頑張りを見せています。 頑張っている人を見て、ああ私も頑張らなければ、と思うことも多いでしょう。 感化されるのは良いですが、頑張りは真似ではなく、 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly