メンタルヘルス

病気と付き合うために不調の合図を知るべし

投稿日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

双極性障害のような、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気は、上手に付き合って生活するしかありません。
そこで大事になるのが、不調の合図を知っておくことです。
不調時の対策も大事ですが、不調になる前になんとかすることも大切になります。

不調の合図を知っておくと事前に手を打てるかもしれない

病気で調子が悪いというのは本当にしんどいものです。
できることなら不調を回避したり、抑えたりしたいですよね。
そこで、不調の合図を知っておくことが大切になります。

不調の合図を知っておく最大のメリットは、事前に手を打つことができる可能性がある、ということです。
例えば、合図が来たら、睡眠時間を長くとるとか、気晴らしに美味しいご飯を食べるとか、頓服薬を服用しておくとか、といった対策を取るといったものです。
また、避けようがない場合でも、心の準備や寝込む用意はできます。

不調の合図は知っておいて損をすることはありません。

不調の合図を知るための3つのヒント

では、不調の合図を知るためにはどうしたらいいのでしょうか?
ここでは、私の経験から3つのヒントをご紹介します。

ヒント①:身体的な異常

どこか痛かったり、異常な動きを見せたりするのが合図である場合があります。

私の場合は目の不調、例えば目が振動するようにキョロキョロしてしまったり、焦点が合わなかったりすると、そのままうつに陥ることが多いです。
人によっては頭痛や腹痛だったり、手の震えだったりするかもしれません。

倒れる前に、休みを取るなどの対策をしておきたいところです。

ヒント②:睡眠の不調

睡眠リズムが乱れたり、睡眠の長短も不調の合図となり得ます。
不調の引き金ともいえるかもしれません。
不眠は軽躁の前兆だったりすることが、私にはあります。

昼夜逆転や、不眠や過眠は不調の合図となり得るので、意識しておきましょう。
睡眠の調整をするだけで良くなるかもしれません。

ヒント③:頭の中の乱れ

頭の中がざわついたり、集中力が低下したままのときも危ないです。
私は疲労が限界になると、頭の中で小人が暴れているような感覚に陥り、そのままうつになったりします。

ただ、正常な判断能力が失われているのもあり、頭の中の乱れって案外気づきにくいですよね。
周囲の人に助けてもらえるように働きかけておくといいのかもしれません。

不調の合図を知って病気と上手く付き合っていこう

残念ながら、突然不調になることはあります。
合図が分かっていても、不調になることもあります。
ですが、それでも合図を知っておけば、防げる不調も存在するのは確かです。

自分自身が発している合図を日々意識しながら生活してみると良いかもしれません。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス

執筆者:

関連記事

運動が億劫なあなたへ!私の散歩術

こんにちは、ヤチヤチルです。 リハビリしたいけど、病気の症状で運動が難しい、あまり気乗りしない、という場合があると思います。 そんな方には、散歩をおすすめします。 散歩は、とっつきやすい運動の代表です …

今年の大掃除、ラクしてみませんか?

こんにちは、ヤチヤチルです。 早いもので、もう年末。 年末といえば、大掃除。 大掃除って大変ですよね。 メンタルがつらいときにはプレッシャーになります。 ただでさえ掃除ってテンションあげていかなければ …

昔の自分に戻るよりも新たな自分になる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患を患うと、多くの人は自分という存在が一変します。 以前より体力や精神力が減る。 判断力や思考能力が落ちる。 これまで出来ていたことが出来なくなる。 前の自分はどこ …

一年半働いた私が感じた会社員として働くメリットとデメリット

こんにちは、ヤチヤチルです。 私は二年ちょっとほど会社に所属し、うち一年半ほど働き、半年休職しました。 プログラマーとして働き、一日中本社や支社のオフィスでの勤務でした。 そんな私が感じた会社員として …

過眠になって実感したそのつらさ

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患を患っている人の多くは睡眠の困りごとを抱えているでしょう。 私自身、不眠にも過眠(寝過ぎてしまう)にも困っています。 ここ最近は過眠気味だったのに、今この記事を書 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly