メンタルヘルス 実体験

「ツレうつ」がおでかけ時の「頓服薬」だった

投稿日:2018年8月15日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです

「ツレがうつになりまして。」(以下「ツレうつ」)というコミックエッセイは、うつ病が身近な人ならご存知の人も多いかもしれません。
面白くためになるので、特に当事者・当事者家族で読んだことのない人は、是非読んでみてください。

さて、そんな「ツレうつ」ですが、外出不安が強かったころ、不安時の「頓服薬」として持ち歩いていました。


ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

「頓服薬」は色々あった

外出不安の強かった当時、「ツレうつ」を含む様々な頓服薬を持っていました。

甘いものはメンタルを落ち着かせる、というのを聞いたことがあり、お出かけ時には必ずバッグに忍ばせていました。
先入観のせいかもしれませんが、実際に口に入れると、なんだか安心してきました。

キャラメルやガムも試しましたが、飴が一番でしたね。つるつるしているのが、私の口とメンタルにあったのかもしれません。


カバヤ フルーツのど飴 180g×10個

ミントタブレット

フリスクとかミンティアですね。
ミントタブレットの一番良い点は、薬のような形をしているところです。飴と異なり、見た目と触感でメンタルの落ち着きを得ることができます。

飴ほどかさばらないのも良いですね。

薬のように飲むもよし、舐めるもよし、かみ砕くも良しです。


アサヒグループ食品 ミンティア ワイルド&クール 50粒×10個

お茶

頓服薬を飲むためというのもありますが、メンタルを落ち着かせるためというのもありました。
口の中がリフレッシュされますし、飲むという行為が気持ちを切り替えてくれます。

お茶を口に含んで一呼吸おくだけで、初期段階であれば、だいぶ変わります。


伊藤園 おーいお茶 緑茶 525ml×24本

頓服薬

これは言わずもがなですね。

頓服薬は必ず持ち歩いていました。
当然ながら今も持ち歩いています。


B-PING 薬ケース ピルケース 整理 整頓 誤飲 防止 風邪薬 常備 薬 携帯 薬入れ 錠剤 カプセル タブレット 何でもOK!手のひらサイズ 胸ポケット にも 収まる コンパクト!

「ツレうつ」

今回の話題の「ツレうつ」です。
詳細については次章で説明します。

不安時は気をまぎらわらせてた

症状の軽重もありますが、不安を感じている当事者ができることは、不安時に不安から気持ちを遠ざけることだと私は考えています。
その観点から、私の場合では飴をなめたりするのが効果的でした。

「ツレうつ」も同じような理由です。
「ツレうつ」を読むことで、不安に集中してた気持ちから「ツレうつ」へと気持ちを移すことができました。

そのため、わたしにとって「ツレうつ」は大切な「頓服薬」となったのです。

「ツレうつ」が「頓服薬」として機能した理由

なぜ「ツレうつ」なら集中して読むことができ、「頓服薬」として機能したのでしょうか。
それは次の3つの理由です。

読みやすい

読みやすい本でなければ集中できず、不安は解消されません。
病気がひどいときに分量がある本を開くのはとてつもない重労働でした。
文字を読んでも頭に入ってこないため、小説などは適していませんでした。

その点、「ツレうつ」は130ページ程度と短い本となっています。

また、コミックエッセイということもあり、文字数は少なく、マンガなので非常に読みやすかったです。

自分の病気の話である

今は双極性障害と診断されていますが、当時の私の診断名はうつ病でした。
自分と同じ病気の話であったので、ためになりましたし、頭の中にスッと入ってきました。
自分の病状と当てはめながら読み、勇気をもらいました

ほっこりしている

「ツレうつ」は絵のタッチがゆるく、病気の話なのにマイルドに表現されています。
そのほっこりさがとても読みやすかったのです。

また、展開も穏やかであるため、繰り返し読んでも飽きませんでした。

薬以外の頓服を作ってみよう

病気の症状に対して頓服薬が重要なのは間違いありません。
しかし、頓服薬は効くのにちょっと時間がかかる、切らしてしまっているという場合もあります。

頓服薬に準ずる「頓服薬」があると心強くなります。

私のオススメは「ツレうつ」ですが、他の何でも良いです。

本でもなくてもいいです。

持ち歩ける程度の頼れるものを作ってみませんか?

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 実体験

執筆者:

関連記事

我が家の習慣は「ありがとう」「お願い」「ごめんね」

こんにちは、ヤチヤチルです。 親しき仲にも礼儀あり、という言葉がありますよね。 なかなか大切な言葉だと思います。 あえて決め事としたわけではないのですが、我が家では「ありがとう」「お願い」「ごめんね」 …

同病の妻と共に実家に帰る際に気を付けたいこと

こんにちは、ヤチヤチルです。 お盆なので(東京の一部地域のお盆は7月中旬)、先日、妻と共に私の実家に帰省しました。 しかし二日目に妻が鬱になってしまい、二泊三日ではなく一泊二日で帰宅することになりまし …

文字でのコミュニケーションが苦手なあなたに

こんにちは、ヤチヤチルです。 現代社会においてメールやLINE、Twitter等の文字を中心としたコミュニケーションツールが多いですよね。 スマホやPCがあれば、時間や場所を選ばず、文字でのやり取りに …

Twitter上のキャラに振り回されないで!

こんにちは、ヤチヤチルです。 この記事を読んでくださっている人で、Twitterをやっている人は多いでしょう。 Twitterは楽しいSNSですよね。 Twitter上では、それぞれのアカウントが個性 …

双極性障害との付き合い方を病歴9年の私が改めて考えてみた

こんにちは、ヤチヤチルです。 この記事を書いているとき、私は病歴9年になります。 今のところ、上手くお付き合いできているはずです。 でも、双極性障害と付き合うに当たって、何が大切なのかあまり意識してい …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly