メンタルヘルス 障害年金

障害年金の申請にあたって私が経験したこと

投稿日:2018年11月7日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

本日、障害年金(障害基礎年金)の書類を全て提出してきました。
あとは審査待ち!解放された気分だ!

妻や友人、ツイッター、ネット、ケースワーカーさんの力は借りましたが、社労士さんの力は借りませんでした。

障害年金に必要な書類や詳しい手続きは別サイトにお願いして、自分が障害年金の申請をするにあたって経験したことを今回は書いていきます。

(追伸:障害年金通りました!

経験したこと1:医師が書いた日付は意外と間違っている

障害年金の申請では日付、例えば初診日などがかなり大切になるそうです。

それだけ大事なものなら、

ヤチヤチル
病院もしっかり書いてくれるだろう

と考えているあなた、甘いですよ!

一番始めに受診した病院の初診日と最後の診察日(終診日)を証明する書類(受診状況等証明書)があり、作成を依頼して送ってもらったところ、終診日が年単位でがっつり間違っていました
完全に信用していたのでなかなか気づきませんでした。私も間抜けでした。

イライラしながら修正依頼を出したところ、何と初診日も異なることが発覚
こちらは数日レベルの誤記なので気づく余地なし……。
雑さに唖然としました。

障害年金を申請しようとしている方は日付に注意しましょう(滅多にないと思いたいですが……)

経験したこと2:診断書を書くスピードは医師によって違う

びっくりしたんですが、医師によって診断書を書くスピードがかなり違います。

認定日請求(遡及請求)というのをしようと前の病院に診断書関連の書類を送りました。
1ヶ月くらいでできると言われたのに、1ヶ月過ぎてもできあがらず、2ヶ月たってもできあがらず……。
挙句の果てには、最初から3ヶ月かかるって伝えましたよ?と言われる始末。

最初と言ってることが違うじゃん!?

流石に腹が立ちました。

もう信用もできないので診断書の話は無しにして、認定日請求は諦めました。

対して今の主治医は仕事が早く、診断書を依頼した次の日にはできあがっていました。
診断書は1ヶ月から3か月くらいかかるものだと聞いていたのでびっくりでした笑。

経験したこと3:誰かに相談するとはかどる

病歴・就労状況等申立書っていう自分の病歴と生活状況を書く用紙があり、これが一番苦労します。
私の感覚ですが、作業の8割くらい申立書って感じです。

申立書を書くにあたって色々な人に相談をしました。
最初は何を書いたらいいのかわからず嫌になってましたが、繰り返し相談することで何をどう書けばいいのかわかり、最終的にはうまくまとまりました。

私が受けたのは、友人と妻の受給者目線でのアドバイスと、ケースワーカーさんの専門家目線での指導です。
貰ったアドバイスや指導を元に、自分の病歴の年表から書いて、それを自分の言葉でまとめていくという作業をしました。

あと日付はしっかり医師の診断書と合わせました。
日付はとにかく重要らしいので気を付けましょう。

経験したこと4:書類を整えるのは想像以上にストレスが溜まる

書き損じが気になりすぎるので元々書類ものは嫌いなのですが、障害年金の書類はかなりきつかったです。
それは次の3つの理由からです。

  1. 異議申立などの制度はあるが、基本的に提出は一発勝負になる。
  2. 揃える書類が多い
  3. 診断書に期限がある

これだけでもう発狂しそうではないですか?私は二度とやりたくありません

診断書の期日ギリギリまで放置していた私はストレスで過眠気味になっていました。精神的にもきつかったです。
これを書いている今も書類に不備がないかひやひやしています。

これから障害年金を申請しようとする人は参考にしてみてください

障害年金は意外と労力を使いますし、友人やケースワーカーさんの手助けが欲しいときがあります。

お金のことなだけあって大変です。
労力の面で、社労士さんに頼るかどうかですが、自分のキャパと相談がいいとおもいます。

なお、社労士さんが審査を通りやすくするかどうかについて、たまに話に出ますが、私はわかりません。まだ審査終わってないので。

さて、この記事が参考になるかわかりませんが、これから障害年金を申請しようと考えている人の役に立つのなら幸いです。

追伸:障害年金通りました!

障害年金の申請が通りました(基礎・3級)!

障害年金全体についてまとめたのでそちらも参考にしてください。

社労士なしで障害年金が受給決定になるまで私がしたことのまとめ(流れ・苦労・やって良かったこと)

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 障害年金

執筆者:

関連記事

【感想】錦山まる『マンガでわかるうつ病のリアル』(KADOKAWA)

こんにちは、ヤチヤチルです。 今回は錦山まる著『マンガでわかるうつ病のリアル』についての感想です。 目次これまであまり見なかったタッチの精神疾患のマンガマンガで要点、文章で詳細な説明なので読み方が選べ …

うつの人は少しだけ鈍感になった方が生きやすい

こんにちは、ヤチヤチルです。 うつや双極性障害などメンタルを病んでいる人は対人関係において精神的に敏感になりがちな傾向にあります。 双極性障害の私自身、職場や友人との関係でうつになることがしょっちゅう …

長年双極性障害を患っていると本当の自分がわからなくなる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患に限らず、病気を持っている方は、自分がわからなくなると感じることがあるかと思います。 それは、病気の存在がもたらしたり、病気の症状が影響したりするでしょう。 もち …

【雑記】理解はあるが子が精神疾患を持っていることを受け入れられない両親

こんにちは、ヤチヤチルです。 ありがたいことに、私の親は病気について詳しく調べたり、それなりの対応を取ってくれます。 若干過剰で神経質なところを除けば理解してくれてるんだなと感じています。感謝です。 …

「ツレうつ」がおでかけ時の「頓服薬」だった

こんにちは、ヤチヤチルです 「ツレがうつになりまして。」(以下「ツレうつ」)というコミックエッセイは、うつ病が身近な人ならご存知の人も多いかもしれません。 面白くためになるので、特に当事者・当事者家族 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly