メンタルヘルス 日常 趣味

読書への自信喪失が本を読み切れない背景にあった

投稿日:2018年9月2日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

双極性障害にかかってからも、波はあれど趣味として読書はできていました。
しかし2~3年前から、パタッと本が読めなくなってしまったんですよ。
正確には、最後まで読み切ることができないんです。

鬱が悪化しちゃってるのかな、と思ってたんですが、つい最近、丸々一冊読み切ることに成功しました。
そこで、ただ単に読み切る事への自信喪失から、読書が怖かっただけだと気づきました

意外とこういうことって、あるんじゃないかと思います。

自信喪失の症状は直接的でも間接的でもある

前もって書きますが、自分に自信がないというのはメンタルの病気の症状、その中でも鬱状態あるあるです。
それを踏まえて読んでください。

鬱の状態に入ると、色々なことができなくなります。
例えば料理や炊事などの家事や趣味などがあります。

読書もその一つです。
メンタルを病んでいる人で、文字が追えないことを経験した方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

一時期で済めばまだいいのですが、そのような体験が長期間続き、積み重なっていくと、だんだんと自信を喪失していきます。

自信喪失は、直接的な症状としても現れますが、間接的にも現れるものです。
そしてどっちがどっちか、わかりづらいんですよね。

今の自分の自信喪失が、病気の症状なのか、経験によるものなのか、判断しにくいと対処に困ります。
前者の場合だと無理せず休め!となりますが、後者の場合だと、回復に近づいているので、チャレンジしてみる価値はあるからです。

趣味への自信喪失はなかなかつらい

趣味は生活の充実のためにあり、ストレスや嫌な現実から目を背ける機能があります。
もしも趣味に自信が持てない、挫折してしまうとしたら?

それは、逃げ場を失ってしまうようなものです。
私の場合、それが読書でした。

私が読書に対して自信喪失した背景

過去の事なので曖昧になりますが、読書への自信喪失をしてしまった背景には、

  • 慣れない土地・仕事でのストレスによる症状の悪化
  • 時間が確保できなかった
  • 難解な書物や分厚い本にチャレンジしていた

の3つが考えられます。

慣れない土地・仕事でのストレスによる症状の悪化

私は二年前の春に関東から大阪に来て、新卒で働き始めました。
土地にも慣れない、仕事にも慣れないでストレスが溜まっていたことは、想像に難くありません。
当然、メンタルの調子も崩します。

そんな中、趣味の読書でストレスを解消しようにも集中できるはずもなく、幾度となく挫折しました。
この経験が、読書への自信喪失をもたらしたのだと思います。

時間が確保できなかった

単純に読書の時間が確保できなかったのは痛かったな、と思っています。

ある程度仕事に慣れてきたら、時間も心も余裕ができます。
症状が悪化したせいで退職した私ですが、余裕を持てる時期もありました。
ただ、やはり体力回復に努めたい、妻とどこかに出かけたいなど、読書に割く時間はありませんでした。

このことにより、読書への自信を回復する機会を失い、結果として、読書への自信喪失につながったのではないか、と考えています。

難解な書物や分厚い本にチャレンジしていた

これは完全に私が悪いですね。

私はカッコつけたがりなので、一般的な読後感だけでなく、難しい本や厚い本を読んだ達成感も味わいたがる傾向にあります。
恥ずかしいですね。

当たり前ですが、難解であったり、分厚かったりすると読むのに非常に苦労します
ブランクがあると余計に難しいもので、普段散歩しかしてないのに、エベレストに挑むようなものです。

こんな間抜けなことも、私が読書への自信喪失を経験した背景にあります。

自信喪失してる中、どうやって本を読み切ったのか?

本を読み切るためにしたことは、非常に単純なことでした。
自信喪失になった背景と、真逆の状態に身をおけばいいのです。

すなわち、

  • ストレスの軽減
  • 時間の確保
  • 易しい本にチャレンジ

の3つになります。

これまで読み切れなかった状況を避ければいいわけです。
これで本を読み切ることができ、成功体験へと繋がりました。

自信喪失からの脱却のために成功体験を積もう

病気の症状でない限り、自信喪失から抜けるには、成功体験が一番の特効薬です。
そして、成功体験への準備は、余裕を持つことと、ハードルを下げることから始まります。

先ほどの私の例ですと、精神的余裕と時間的余裕を手に入れ、易しい本を選択することで成功体験をつかむことができました。

ただ、余裕を持つ、ということはなかなか難しい状況にある人も多いと思います。
その場合、ハードルを思い切り下げればいいのです。

読書ならば、短い間隔で区切りのある新書や、短編小説の中でも薄いものを選んだりすると良いでしょう。
私も、これからもっと自信を付けるために、易しめの本を何冊か読もうと考えています。

無理せず成功体験を積んで、少しずつ自信喪失から脱しましょう。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 趣味

執筆者:

関連記事

「普通」とは何だろう?

こんにちは、ヤチヤチルです。 社会では「普通」の人は~、だとか、「普通」の感覚は~、とか、「普通」という言葉が何気なく使われます。 何かと社会は「普通」を求めてきますし、どんな人の中にも「普通」という …

好きなように好きなことを表現していくとメンタルが楽になるかもよ

こんにちは、ヤチヤチルです。 ブログを始めて気づいたのですが、記事を書くことでメンタルが安定したように感じます。 もちろん、ネタが見つからないといった苦労があったり、書くことで痛みも発生しますが、楽し …

【感想】ほっしー『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』ディスカヴァー・トゥエンティワン

メンタルヘルス界隈で有名なTwitterのユーザーさんが本を出したので読んでみました。 こんにちは、ヤチヤチルです 著者はほっしー、タイトルは『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングし …

昔の自分に戻るよりも新たな自分になる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患を患うと、多くの人は自分という存在が一変します。 以前より体力や精神力が減る。 判断力や思考能力が落ちる。 これまで出来ていたことが出来なくなる。 前の自分はどこ …

メンタルを病んで下がった自己肯定感とどう向き合うか?

こんにちは、ヤチヤチルです。 メンタルを病むと、以前の自分と変わってしまいます。 そして、できないことが増えたり、物事が予定通りに進まなかったりと、自己肯定感が下がりますよね。 自己肯定感が下がると、 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター(内職)。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly