メンタルヘルス 会社 実体験

「過小な要求」がパワハラだって知ってた?

投稿日:2018年9月29日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです

この前TVを観て知ったのですが、「過小な要求」というのがパワハラに当たるそうです。
実は思い当るところがあって、おそらく上司から「過小な要求」を一時期受けていました
パワハラ認定されるくらいだから、どおりでつらかったわけだ、と腑に落ちました。

パワハラには種類がある

調べてみたところ、パワハラは主に次の6つに分類されるそうです(厚生労働省・明るい職場応援団‐パワハラの6類型より)。

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

パワハラといっても色々あるんですね~。
なお、この分類は全てを網羅したわけではなく、当てはまらないケースもあるそうです。

「過小な要求」とは?

さて、「過小な要求」とはどのような行為を指すのでしょうか?

業務上の合理性なく能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや、仕事を与えないことは「過小な要求」型のパワハラです。

(引用元:厚生労働省・明るい職場応援団‐5「過小な要求」型のパワハラ)

具体的な例として、営業職なのに営業させず会社回りの草むしりしかさせなかったりすると「過小な要求」としてパワハラに認定されるそうです。
会社員時代に私もこのタイプのパワハラを受けていました。

私が受けていた「過小な要求」

私はIT系企業にプログラマーとして新卒で採用され、4か月ほどの研修を受けたのち、実際の業務を任されました。
先輩や上司に質問したり、失敗をカバーしてもらったりしながら早く戦力になろうと頑張っていました。
専門的な技術面から報連相といった基本的なスキルについて、ときには怒られることもありましたが、充実した日々でした。

ある日突然仕事がなくなった

そんなこんなで何とかやっていたのですが、ある日を境に仕事を与えてもらえない、いわば「社内ニート」のような状態に陥ったのです。

原因は部署に回される仕事の納期が基本かなり短いことにありました。
まだまだ仕事のできない新人の私は足手まといであり、納期が短いのでミスをカバーする余裕もないというところでしょう。

とはいえ、全く仕事を与えない、それも半年以上に渡って、というのは酷くはないでしょうか?

仕事がないのは地味につらい

全く仕事がない、というのは非常につらいものでした。
定時までずっとやることがない毎日。
やることがないので、過去の案件の資料を眺めたりしていました。

もちろん、上司には仕事はないか聞きました。大抵が無駄でしたが。
この時期、周囲の人に目が変と指摘されたので、多分一度病気が悪化したのだと思います。
後に、仕事がない、ではなく別の理由で部署が異動になり、仕事がもらえました。

今思い返してみれば酷い扱いを受けていた

当時はパワハラと考えてはいなかったのですが、今思えば多分パワハラだと思います。
新人は足手まといになるから、というのは仕事を全く与えない理由としては弱すぎではないでしょうか?

簡単な作業もあったでしょうし、新人の面倒を見ることができないなら上に相談することも可能でしょう。
実際「過小な要求」とは別の理由で異動となったときは即座に行なわれました。

パワハラかも?と思ったら相談してみよう

パワハラを受けるとメンタルがやられます。
メンタルがやられると修復するのは困難です。

パワハラかも?と思ったらすぐに相談しましょう。
会社の相談窓口や厚生労働省が紹介する外部機関に相談してみると良いと思います。
パワハラに無理に耐える必要なんてありません。パワハラは撲滅しましょう。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 会社, 実体験

執筆者:

関連記事

「私が休職・退職してしまった原因② コミュニケーションの疲れ」

こんにちは、ヤチヤチルです。 引き続き、ブラックでない(オフホワイトな)会社に勤めていたのに休職・退職してしまった原因についての話題です。 前回は頭のOFFが苦手であることについて書きました。 今回は …

幸せそうな人を妬んでも幸せにはなれない

こんにちは、ヤチヤチルです。 幸せそうな人を見ると、こっちまで幸せになることがあります。 一方で妬ましく思うこともありますよね。 私含め、大抵の人は、そんなできた人間ではありません。 妬ましさを抱える …

人間できることは限られていると双極性障害になって学んだ

こんにちは、ヤチヤチルです。 私は20歳くらいからうつ病を患っており、その後双極性障害(そううつ病)と診断されました。 基本、病気は悪いことばかりです。 何らかの病気を患っている人なら分かると思います …

「ツレうつ」がおでかけ時の「頓服薬」だった

こんにちは、ヤチヤチルです 「ツレがうつになりまして。」(以下「ツレうつ」)というコミックエッセイは、うつ病が身近な人ならご存知の人も多いかもしれません。 面白くためになるので、特に当事者・当事者家族 …

【感想】ブリ猫。『家族もうつを甘くみてました』(ぶんか社)

こんにちは、ヤチヤチルです。 今回はブリ猫。著『家族もうつを甘くみてました』というコミックエッセイの感想です。 ブリ猫。さんは以前『うつを甘くみてました』という患者目線での闘病マンガを出版しており、『 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly