メンタルヘルス 家族・家庭

【雑記】理解はあるが子が精神疾患を持っていることを受け入れられない両親

投稿日:2018年10月7日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

ありがたいことに、私の親は病気について詳しく調べたり、それなりの対応を取ってくれます。
若干過剰で神経質なところを除けば理解してくれてるんだなと感じています。感謝です。

ただ、子が精神疾患を持っているという事実を「受け入れる」のは難しいようです。

私が障害年金を取得することに抵抗がある

就職への影響も懸念材料ではあるのですが、私が障害年金の申請をしていることがあまり受け入れられないようです。
父と主に話をするのですが「うーん、親としては複雑だなあ……」と話していました。

私は子がいないので親の気持ちが全く分かるわけではありませんが、それでも複雑な気持ちになることは分かります。
父上すまない……、これも生存戦略なんだ……、という気持ちです。

障害者手帳を見せることに抵抗がある

これは私の問題でもあるのですが、親に障害者手帳を見せることに抵抗があります(手帳を持っているのは知っている)。
なぜなら、障害年金で前述のような反応を受けたからです。

手帳なんて見せたら、それこそ障害者って印象を受けて悲しまれるだろうし、それは私としてもつらいです。
まあ、見せる機会はそうそうないんですがね。

思えばうつ病と診断されたときもクリニックに乗り込んでいた

今は双極性障害なのですが、初診から数か月経った段階ではうつ病と診断されていました。
主治医から私に直接言われたのですが、別にショックは受けることなく、淡々と診察は終了。
家に帰って親に報告したら、秘密裏に主治医に直接言うなと文句を言いに行ったそうです。

たぶん、子に対する配慮も求めていたのでしょうが、それ以上に認めたくなかったのでしょう。

当事者である子は障害を受け入れたとしても、親は複雑な思い

若干過保護な家庭なのが原因かもしれませんが、私の障害に親、とくに母親は神経質です。
煩わしいという気持ちは無いのですが、どこか申し訳なさがあります。

こればかりは仕方がない、誰も悪くない、というのがつらいところです。

受け入れなくてもいい、配慮だけしてもらえたらありがたい。

おそらく健全な家庭で育ったのですが、それでも親子関係は難しいな、と思った次第です。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 家族・家庭

執筆者:

関連記事

恥ずかしながら、発病前は精神疾患に対して偏見がありました

こんにちは、ヤチヤチルです。 このブログの読者は、私と同様に、メンタルに何らかの不調を持っている方が多いと思うので、書くのを少しためらったのですが、正直に書こうと思います。 双極性障害を発症する前は、 …

閉鎖的集団のメリット・デメリット

こんにちは、ヤチヤチルです。 ここでの「閉鎖的集団」とはうつや発達障害など主に生きづらさを抱えている人たちの集まりを指しています。 また、コミュニティより小さな単位で考えたかったので、「集団」としまし …

自分には合わないけど一度続いてしまったものをやめる決断

こんにちは、ヤチヤチルです。 一度手に付けたことがやめられない、って経験、みなさんありませんか? 私はよくあります。 さっきもあまり合わない本を無理して読んでいました笑。 それで、その本とはお別れする …

障害年金の書類は日付に注意しよう

※どこか表記等にミスが合ったらご指摘いただけたら幸いです こんにちは、ヤチヤチルです。 今、障害年金の書類の準備を進めているのですが、診断書などの前のクリニックの最終診察年月日にミスがあることが発覚し …

どうしよう……何となくやる気が出ない

こんにちは、ヤチヤチルです。 仕事に打ち込めない。勉強に集中できない。家事がはかどらない。 多かれ少なかれ、人間誰しも何となくやる気が出ないことってありますよね。私もこの記事を書き始めるまでに時間がか …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly