メンタルヘルス 実体験 日常

文字でのコミュニケーションが苦手なあなたに

投稿日:2018年7月31日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

現代社会においてメールやLINE、Twitter等の文字を中心としたコミュニケーションツールが多いですよね。
スマホやPCがあれば、時間や場所を選ばず、文字でのやり取りに終わる、という手軽さがあります。

一方で、文字しか情報がないということは、デメリットでもあります
メンタルを病んでいる側としては、きついデメリットかもしれません。
デメリットが原因で、病状が悪くなった経験が、私にはあります。

教授とのメールのやりとりがきつい日々

大学院時代の修士論文の執筆も大詰めな冬の日の事です。

所属していた研究室では、途中までは研究員さんが面倒を見てくれましたが、大詰めになると、教授から直接指導してもらわなければなりません。
教授とのやり取りは9割メールでした。

文字だけでは喜怒哀楽がわかりづらい

教授は怒鳴ったりせず、優しく指導してくれる人でした。
それは分かっていたのですが、文字だけのメールは威圧感があり、とても怖かったです。

特徴的な書き方はなく、一般的なビジネスメールに近い文章でした。
この怖さは教授だけでなく、他の研究員さんからも感じました。

何故怖かったのか。
文字で声や顔がなく、怒っているのかわからないからです。

論文の指導なので、それなりにきついことを言われます。
文面がきついだけに、文字だけだと相手が怒っているかのように感じます。

情報が少ないと、要らぬことばかり想像してしまうのです。
要らぬ想像はストレスとなって、メンタルが悪くなります

文字だけのコミュニケーションでストレスを溜めないための2つの対処法

前章ではメールでの苦労を書きましたが、LINEやTwitterにも通ずるとこはあるでしょう。

メンタルを病んでいる人は、人の顔色が気になったり、すぐ不安になる傾向にあると思います。
そのような人は、メールやLINE、Twitterで苦労することも多いのではないでしょうか。

メンタルの負荷を抑える対処法として、次の2つを提案します。

明らかな感情表現がなされていないときは気にしない

極論ですが、気にしないことが一番です。

相手も、文字ベースのコミュニケーションであることは分かっているはずです。

文字で伝えられることには限界があります
感情を文字で伝えないで読み取ってもらおう、というのは少々わがままだと思いませんか。
この点については、みなさんも気を付けておきましょう。

忘れて他の事に取り組む

文面から感情を読み取ろうとしたり、不安になりながら返信を待っていたりするのは、ストレスにしかなりません
忘れて、他の事に取り組みましょう。

仕事や家事、趣味でも構いません。
なるべく没頭できるものがいいです。

とにかく忘れましょう

「道具」に振り回されず、利点だけうまく使おう

メールやLINE、Twitterはあくまでツール、すなわち「道具」でしかありません
文字だけという「道具」の特性に、振り回される必要などありません。

今回提案させていただいた対処法を頭に入れつつ、「道具」を上手に利用しましょう。
私も文字ベースであるブログという「道具」に、振り回されないように気を付けます。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 実体験, 日常

執筆者:

関連記事

障害年金の申請にあたって私が経験したこと

こんにちは、ヤチヤチルです。 本日、障害年金(障害基礎年金)の書類を全て提出してきました。 あとは審査待ち!解放された気分だ! 妻や友人、ツイッター、ネット、ケースワーカーさんの力は借りましたが、社労 …

「不幸自慢」をやめろというのは酷ではないだろうか?

こんにちは、ヤチヤチルです。 実生活でもSNSでもいいですが、「不幸自慢」を見かけたことはありませんか? 例えば、サービス残業の時間を自慢したり、病気の重さを自慢したりといったものです。 年収自慢や学 …

今日やろうと思っている目標の一割ができたら上出来♪

こんにちは、ヤチヤチルです。 明確に紙に書いたり、漠然と思ったりと、どんな形であれ一日の目標を立てる日が多いかと思われます。 ここでの目標とはスケジュールと言い換えてもいいでしょうか。 例えば、料理を …

依存先や居場所を増やそうという、やさしくて残酷なアドバイス

こんにちは、ヤチヤチルです。 皆さんもどこかで聞いたことのある、依存先を増やそう、居場所を増やそうというアドバイス。 確かにそのアドバイスは的確でしょうし、メンタルヘルス的にも良い影響を与えるでしょう …

【雑記】精神医学・医療は科学なのだろうか?【患者目線から】

こんにちは、ヤチヤチルです。 よく精神医学は科学的では無いという言説を見かけるが、今発展途上なんじゃないかな。 医学史に明るくないから断定はできないけど、その他のかつての医学もそうだったろうし。 確か …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly