メンタルヘルス 日常 運動

運動が億劫なあなたへ!私の散歩術

投稿日:2018年7月25日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

リハビリしたいけど、病気の症状で運動が難しい、あまり気乗りしない、という場合があると思います。
そんな方には、散歩をおすすめします。
散歩は、とっつきやすい運動の代表です。

しかし、その散歩すら億劫なこともあるでしょう。
そこで寝たきりから復帰するために、私がしていた散歩術を伝授します。

散歩できないときもあるよね

散歩は気持ちいいです。
身体を動かすことになるので、ストレス発散になりますし、外に出るという行為がそもそも心地良いものです。
簡単にできるので、リハビリだけでなく、うつなどメンタルの調子が悪いときやストレスが溜まっているときに、是非ともしたいものです。

でも、そう簡単でないこともありますよね。

あまりに調子が悪いときには動けません。
気力が湧かないこともあるでしょう。

もちろん、無理をする必要はありません。
でも、もし外出のリハビリがしたい、ストレス解消したいという方は、私の散歩術を試してほしいです

私の散歩術は電柱を目標に歩くことだ!

今回ご紹介したい私の散歩術は1つです。
それは電柱を目標に歩く、というものです。

電柱があまりない地域ならば、生け垣や街灯、公園の木でもいいと思います。
目標を決めることに意義があるのです。

電柱を目標にすることをおすすめする理由は、次の3点です。

目標を小さくしてハードルを下げる

どこまで歩くのか、どれだけ歩くのか、といった、あまり目標が見えないという点が、散歩を億劫にする原因として挙げられるでしょう。

町内を一周するという目標の立て方もあります。
しかし、散歩をこれから始めるならば、まずは目標を小さくした方がハードルが下がり、とっつきやすくなります
そこで電柱の登場です。

電柱は短い間隔で設置されています。
まずは一つ目の電柱まで歩く、とすればかなりハードルが下がります。

また、一定の間隔で設置されているので、徐々に距離をのばしやすいです。
例えば、昨日は3つ目まで歩いたから、今日は4つ目まで歩こう、と外出できる範囲が増えます。

これで私は1分しか散歩できなかったのが、ひと月で1時間までのばせました
寝たきりだったのが1時間くらい散歩できるようになると、かなり自信につながります。

目標設定を変えやすい

体調によっては昨日ほど歩けない・・・、ということもよくある話です。
電柱の数で歩く量を決めれば、一日の目標が立てやすくなります。

時間を測るという方法もあります。
しかし、しんどくなってきて引き返したい、けどまだ目標時間に達していない、と少々つらくなるときがあります。
時間は長さですが電柱は数なので、目標設定を変えやすく、柔軟に散歩ペースを立てやすいのです。

どれだけ歩いたのかが一目で分かり、達成感がある

歩数計や時間も指標になりますが、電柱も良い指標です。

歩数計に比べ、何が良いかというと、数値でなく目で実際の距離を確認できるところです。
数字にはない達成感を味わうことができます。
電柱は本数で数値化できるので数値としての達成感もあり、一石二鳥です。

無理のない範囲で取り組んでみてはどうでしょうか?

散歩をしたい方、特に寝たきりや引きこもりで社会復帰が難しい方、復帰の期限が迫りつつある方には、電柱を目標にする私の散歩術をおすすめします。

最後に、散歩は折り返しが必要であることは気を付けましょう
3つ目の電柱まで歩くということは、6つ分歩くということになります。

電柱の数の設定を見誤らず、無理のない散歩をして下さいね。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 運動

執筆者:

関連記事

「ツレうつ」がおでかけ時の「頓服薬」だった

こんにちは、ヤチヤチルです 「ツレがうつになりまして。」(以下「ツレうつ」)というコミックエッセイは、うつ病が身近な人ならご存知の人も多いかもしれません。 面白くためになるので、特に当事者・当事者家族 …

無理に「共感」せず「理解」で留めよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 実生活でもオンラインでも、自分の考え方とは異なる言動がありますよね。 そんな言動に出くわしたとき、皆さんどうしますか? 多くの方が憤りや悲しみを感じることが多いのではない …

双極性障害の診断が下ったときの心境

こんにちは、ヤチヤチルです。 周囲を見る限りですが、双極性障害の人はうつ病やうつ状態、適応障害と初診時は診断されることが多いという印象です。 そんな私もうつ病から双極性障害へと診断名が変更された一人で …

メンタルを病んだときの休職・休学中って何をしたらいいの?

こんにちは、ヤチヤチルです。 簡単なようで意外と難しいメンタルを病んだときの休職・休学中の過ごし方。 休めと言われても、休むって何をすればいいの?、となることはありませんか? 一般的な療養と同じところ …

「不幸自慢」をやめろというのは酷ではないだろうか?

こんにちは、ヤチヤチルです。 実生活でもSNSでもいいですが、「不幸自慢」を見かけたことはありませんか? 例えば、サービス残業の時間を自慢したり、病気の重さを自慢したりといったものです。 年収自慢や学 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly