メンタルヘルス 日常 趣味

その趣味、義務になってない?

投稿日:2018年10月18日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

読書、ランニング、ゲーム、映画など人それぞれ色々な趣味があるでしょう。
仕事や日常の喧騒を忘れて、趣味に打ち込むのは大変気持ちが良いものです。

一方で強迫的になり、趣味が義務化してしまうこともあります。

趣味を持つことは良いこと

趣味を持つこと自体は、もちろん良いことだと私は思います。
楽しいですし、嫌なことを忘れて熱中できますからね。
健康に良いものもあります。

では、趣味のメリットとは何でしょうか?

息抜きになる

一番のメリットは、日常を忘れて別世界に身を置き、息抜きができることでしょうか。

どうしても現代社会では、会社や学校に縛られ、息苦しい生活を強いられることが多いです。
そんな息苦しい社会から脱せられるのが趣味です。

趣味で開放的になり、次の仕事や勉強も頑張ろうと思えます。

生活にメリハリがでる

趣味を持つと、仕事や勉強以外にやることができ、生活にメリハリが出ます。
やるときはやる、力を抜くときは抜く、という生活習慣ができます。

力を抜くといっても、そう簡単に人間だらけることはできません。
そこで趣味を活用して、仕事や勉強にメリハリを持たせることができるのです。

趣味が義務となってしまわないように気を付けよう

一方で気を付けなければならないのが、趣味が義務となってしまうことです。
息抜きとしてでなく、強迫的に行なうのは大変危険です。

特に真面目な人ほどその傾向があり、危険でしょう。

厳しい状況下でも強迫的に趣味をしてしまうのは危険

仕事が山積み、受験が大詰めというときにでも、強迫的に趣味にいそしんでしまうのは非常に危険です。
多少趣味をするならば、それほど問題ありませんが、本業を圧迫するほどでは危険です。
ここで特に危険視したいのが、現実逃避ではなく、義務として趣味を行なってしまうことです

これは意外に気づかないもので、私自身も休養中に、強迫的に趣味の読書を続けて、過度な疲労がたまって逆効果だったことがあります。
例えば、会社で夜遅くまで働き、早朝出勤するにも関わらず、寝る間も惜しんでランニングをしてしまったり、ゲームのアイテムゲットに支配されるなどです。

義務化した趣味から脱するための方法

それは、自分の状況に気付くことです。

自分自身で気づくのは難しいでしょうから、誰かに指摘してもらったり、比較したりするほかありません。
ある日突然、これはおかしい、と気付くでしょう。

自分で真面目な性格だと思っている人は、自分自身の生活を常に振り返ってみるといいです

その趣味、義務になってない?

まず、趣味がもたらす効果をまとめてみましょう。

  • 息抜きになる
  • 生活にメリハリが出る
  • (健康になれる)

さて、趣味が義務となってしまう危険信号は次の通りです。

  • 強迫的になっている
  • 本業を圧迫している
  • 現実逃避でなく義務

趣味にいそしむ際には、これらのサインに気を付けておきましょう。

その趣味、義務になっていませんか?

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 趣味

執筆者:

関連記事

ストレスも塵も積もれば山となる?

こんにちは、ヤチヤチルです。 ついつい見逃されがちですが、人生って細かなストレスの連続だと思うんですよね。 テレビの報道にイライラしたり、晩御飯に何を作るか悩んだり、役所に出す書類を書かなければならな …

休職・退職ができたのは妻のおかげだった

こんにちは、ヤチヤチルです。 私は病状が悪化して休職、そして退職をしました。 当時は悩みましたが、メンタルヘルス第一に考えると退職して良かったな、と今となっては良かったと考えています。 私の休職・退職 …

一年半働いた私が感じた会社員として働くメリットとデメリット

こんにちは、ヤチヤチルです。 私は二年ちょっとほど会社に所属し、うち一年半ほど働き、半年休職しました。 プログラマーとして働き、一日中本社や支社のオフィスでの勤務でした。 そんな私が感じた会社員として …

朝なかなか起きられないので妻に迷惑をかけている話

こんにちは、ヤチヤチルです。     私は朝に弱いです。 元々朝が苦手だったというのもあるんですけど、うつで起き上がれないこともあります。 会社員時代は、きちんと早く起きないといけ …

幸せそうな人を妬んでも幸せにはなれない

こんにちは、ヤチヤチルです。 幸せそうな人を見ると、こっちまで幸せになることがあります。 一方で妬ましく思うこともありますよね。 私含め、大抵の人は、そんなできた人間ではありません。 妬ましさを抱える …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly