メンタルヘルス

双極性障害との付き合い方を病歴9年の私が改めて考えてみた

投稿日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

この記事を書いているとき、私は病歴9年になります。
今のところ、上手くお付き合いできているはずです。
でも、双極性障害と付き合うに当たって、何が大切なのかあまり意識していませんでした。

そこで、双極性障害と付き合う上で大切なことを改めて考えてみました。
項目は6つで、目次をみて頂ければ、どのようなことが書いてあるのかわかるはずです。
また、一部分は双極性障害以外の精神疾患の患者さんにも当てはまるかと思います。

病歴が浅い人にも、長い人にも参考になれば幸いです。

その①:不調のサインを把握する

体調の変化には何かしらのサインがある場合があります。
例えば、私の場合は他人から見て目がおかしくなるのが鬱のサインです。

不調のサインを把握しておくと便利なもので、事前に対策を打つことができます。

ただサインの把握には、ある程度の年数や修業が必要です。
私は、躁のサインはまだわからないので、まだまだ修行が必要ですね。

その②:薬は欠かさず服用する

服薬は双極性障害と付き合う上で必須のことです。
しかし、当たり前のことだけど、その当たり前が意外と難しい

生活リズムが乱れて飲むタイミングを失ったり、単に忘れてしまったりすることはだれしもあるのではないでしょうか。
飲み忘れて躁になったり、鬱になっちゃったりした経験もあるかと思います。

双極性障害と付き合うために、きちんと薬は飲みましょう。

その③:主治医との信頼関係を築く

双極性障害と付き合っていくためには、医師の治療も欠かせません。
そして、信頼関係が上手いこと築けていないと治療もはかどらないです。

信頼できない人の言うことなんて聞きたくないですよね。
当たり前の感情でしょう。

信頼関係は一方通行ではなく、両方が築こうと努力しようとする必要があります。
主治医側からもですが、私たち患者側からも歩み寄らなければなりません。
いきなり心を開くというのは難しいので、徐々に関係構築できるといいのではないでしょうか。

その④:病気について学ぶ

人間関係と同様に、付き合っていく以上、相手の事を知らなければ、上手い関係が構築できません
そのため、双極性障害について学ぶことが、上手く付き合っていく上で必要となります。

本を読むなり、信頼できる機関のWebサイトを見るなりして、知識を増やしましょう。
知識を付けることで、客観的に双極性障害というものが分かってきます。

その⑤:不確かな情報に惑わされない

知識を増やすと言っても、不確かな情報に惑わされないようにしましょう。
正しい知識を付けないと、上手いこと双極性障害と付き合っていけません。

でも、頭で分かっていても、信じたくなっちゃうような情報が飛び交ったりするもんなんですよね。
特にネットは素人のトンデモ知識が転がってたりします。
例えば、食事を変えるだけで治る、のようなものです。
そんなものはシカトしちゃいましょう。

また、悪意はなくとも、患者間の情報で怪しいものも存在します。
これが厄介で、善意だったり、何気ない会話だったりします。

少し大変ですが、正しい情報を見抜ける目を身に付けましょう。

その⑥:ありのままの自分を受け入れ、生き方を見直す

双極性障害は一生ものの病気、すなわち一生付き合っていかなければなりません。
また、病前のような生活に戻るのは非常に難しいです。

無理矢理、昔の自分に戻ろうとするのは、あまり良くないと思うんですよね。
いっそのこと、ありのままの自分を受け入れてあげた方が前に進めます

双極性障害は自然に消えてくれません。
ならば、こちらが生き方を見直さなければならないのです。
私も、元に戻ろうから、これからどうしよう、という風に思考転換しました。

受け入れる、というのは難しいですが、時間がかかっても達成すべきです。

まとめ~波乗り上手になろう~

双極性障害との付き合い方について改めて考えた結果、6つのことが浮かびあがりました。

  1. 不調のサインを把握する
  2. 薬は欠かさず服用する
  3. 主治医との信頼関係を築く
  4. 病気について学ぶ
  5. 不確かな情報に惑わされない
  6. ありのままの自分を受け入れ、生き方を見直す

いずれも欠かせない要素です。
例えば、主治医との信頼関係が破たんしていると、双極性障害の治療が進まず、結果として上手に付き合っていくことができません。

もしかしたら、どれもわかりきったことだ!、と思っている人もいるんじゃないでしょうか。
しかし、わかりきっていても、意外とできてないこともあるかもしれません。

皆さんも、双極性障害との付き合い方を改めて考えて、上手く波乗りしてみませんか?

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス

執筆者:

関連記事

長年双極性障害を患っていると本当の自分がわからなくなる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患に限らず、病気を持っている方は、自分がわからなくなると感じることがあるかと思います。 それは、病気の存在がもたらしたり、病気の症状が影響したりするでしょう。 もち …

「ツレうつ」がおでかけ時の「頓服薬」だった

こんにちは、ヤチヤチルです 「ツレがうつになりまして。」(以下「ツレうつ」)というコミックエッセイは、うつ病が身近な人ならご存知の人も多いかもしれません。 面白くためになるので、特に当事者・当事者家族 …

ペットとの言語外のコミュニケーションによる癒しと責任による成長

こんにちは、ヤチヤチルです。 Twitterで私や妻は愛犬レイの写真をあげたり、可愛い行動を解説したりしてます。 実家では猫も飼っています。 動物って癒されますよね。 動物が苦手な方も、何かに癒される …

恥ずかしながら、発病前は精神疾患に対して偏見がありました

こんにちは、ヤチヤチルです。 このブログの読者は、私と同様に、メンタルに何らかの不調を持っている方が多いと思うので、書くのを少しためらったのですが、正直に書こうと思います。 双極性障害を発症する前は、 …

ブレインバンクはご存知ですか?

こんにちは、ヤチヤチルです。 いきなりですが、みなさんはブレインバンクという言葉を知っている、あるいは聞いたことがありますか? ブレインバンクは一言でいうと脳を集める活動・機関のことです。 集めた脳は …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly