スティグマ メンタルヘルス 社会

恥ずかしながら、発病前は精神疾患に対して偏見がありました

投稿日:2018年7月27日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

このブログの読者は、私と同様に、メンタルに何らかの不調を持っている方が多いと思うので、書くのを少しためらったのですが、正直に書こうと思います。

双極性障害を発症する前は、精神疾患について偏見がありました
今思えば恥ずかしいことです。

うつ病=甘えとは思っていなかったが・・・

精神疾患には色々ありますが、発症前の私はほとんど知りませんでした。
唯一知っていたのがうつ病です。
正確に言えば統合失調症も知っていたのですが、うつ病の一部だと思っていました

うつ病への認識は「そんなのよくあるじゃん」

唯一知っていたうつ病でさえ、「そんなのよくあるじゃん」と考えていました

確かに、気分が落ち込むとか、憂鬱な気持ちになるとか、意欲が湧かないといった個々の症状自体は身近にありうるので、当時の私は、想像ができなかったんだと思います。
今ならわかりますが、通常の気分の落ち込みや、憂鬱な気持ちについて、病気のそれは大きく違うんですよね。

うつ病をカミングアウトしてくれた大学の同期

発症前、大学の同期(以下、同期D)がうつ病であることをカミングアウトしてくれました。

きっかけは、別の同期(以下、同期S)が引きこもりを続けていて心配になり、同期Dを含む数人と、様子を見に行った事からです。
同期Sの様子は明らかにおかしく、何か精神疾患ではないか、という話でまとまり、後日病院へ行くように促しました。

次の日、大学で同期Dとたまたま遭遇し、同期Sの話をしました。
そこで、同期Dが実はうつ病であることをカミングアウトしてくれました

同期Dは、私を信頼して、カミングアウトしてくれたのでしょう。
しかし、先述したように、当時の私は「そんなのよくあるじゃん」状態。
症状を聞くも、あまりピンとくることはありませんでした。

「死にたくなることもある」と言われても、「よくあるじゃん」と当時の私は思っていました
とても恥ずかしい話です。

後日談ですが、同期Sは、病気ではなく、ストレスで一時的に調子が悪かったのだそうです。
同期Dは、Facebookを見る限り元気にやっています。
私は無事、無職です。

過去の私には想像力が欠けていた

病気について知識がないのは仕方ないとしても、同期Dの病気を「そんなのよくあるじゃん」と考えていたのはとても恥ずかしい過去です。

病気に対する「そんなのよくあるじゃん」、という態度の根源は、自分の「つらい」と他人の「つらい」を、同一のものと捉えてしまうことにあるのだと思います。
「つらい」の質や量は個人で異なりますし、同じ人の「つらい」もその時々で変化します。当時の私に欠けていたのは、それに気付く想像力でした

想像力を持とうと反省している

病者や障害者に限らずとも、誰かと接するときは想像力が少なからず必要です。

若いとはいえ、私にはその能力が不足していました。
未だに、十分な想像力を持っているのか不安ではありますが、今後は気を付けていきます。
同じような経験をお持ちの皆様もお気を付け下さい。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-スティグマ, メンタルヘルス, 社会

執筆者:

関連記事

うつには運動が良いって言うけど、むずかしくない?

こんにちは、ヤチヤチルです。 軽いうつには運動が効く、と聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 でも、軽度のうつ状態だとしても、運動はハードルは高いと思うんですよ。 目次うつな人が運動するのに …

人と話すのが苦手なのは怖いからです

こんにちは、ヤチヤチルです。 メンタルを病んでいる人の中には、人と話すのが苦手だ、という人が多いと思われます。 私も話すことに苦手意識があり、よく無口な人だと思われています(実際無口な方ではありますが …

危険な職場・学校からは考えることを放棄して避難しよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 人生とはわからないもので過重労働、パワハラ、いじめ等、会社や学校で突然脅威に出会うこともあります。 災害のようなものです。 何らかの手段で立ち向かうということもできますが …

カウンセリングのメリットは自由な話ができることだった

こんにちは、ヤチヤチルです。 メンタルを病んでいる人で、カウンセリングを受けた、受けている、あるいは受けようと考えた、考えている人は多いと思います。 私は関東から大阪に引っ越しをするまで、カウンセリン …

【感想】ブリ猫。『家族もうつを甘くみてました』(ぶんか社)

こんにちは、ヤチヤチルです。 今回はブリ猫。著『家族もうつを甘くみてました』というコミックエッセイの感想です。 ブリ猫。さんは以前『うつを甘くみてました』という患者目線での闘病マンガを出版しており、『 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly