メンタルヘルス 医療

カウンセリングのメリットは自由な話ができることだった

投稿日:2018年9月4日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

メンタルを病んでいる人で、カウンセリングを受けた、受けている、あるいは受けようと考えた、考えている人は多いと思います。

私は関東から大阪に引っ越しをするまで、カウンセリングを受けていました。
その中で感じたカウンセリングの一番のメリットは、自由な話ができる事です。

カウンセリングの形式

私が受けていたカウンセリングは専用のルームで行なわれていました。

机を挟んで一対一で、椅子やソファが複数あり、好きな席に座ることができました。
正面がいい人は、やや斜めに設置された椅子を、斜めがいい人はソファを選べる形式です。
私はいつもやや斜めの正面におかれた椅子に座り、クッションを抱えながら受けていました。

私のカウンセラーはルームでご飯を食べていたようで、午後1時くらいにカウンセリングを受けると、マックの匂いがしたことをよく覚えています笑。

カウンセリングのメリットは自由な話ができること

私が受けたカウンセリングの一番のメリットは、自由に自由な話をできることでした。

いくつか治療すべき問題があったにはあったのですが、必ずしも触れるわけではなく、段々と日々の悩み相談であったり、雑談をしていました。
時には病院の裏事情を聴いたり、認知行動療法の問題点を話してもらったりすることも。

私のカウンセリングはそれだけ自由で、さほど制限のないものでした。治療かどうかすらわからないです。
でも、もしかしたら、自由な話ができることこそが治療だったのかもしれません

なぜ自由な話ができるのがメリットなのか?

みなさん、少し考えてみてください。
今、何でも自由に話せる場はありますか?

カウンセリングを受ける前の私はありませんでしたし、今もあるとは言えません。
主治医も話を聴いてくれましたが、短時間ですし、機嫌を損ねるとどうなるかわからないので気を使います。
また、今は妻がいますが、妻の愚痴を妻に話すわけにはいかないでしょう笑。

自由に自由な話をできる場ってとても貴重じゃありませんか?
日頃言えないようなことが言える場というのは本当に貴重です。
心に抱えていることを話すと、それだけで気持ちが楽になります。

そんなこともあって、治療になっているのか分からないような私はカウンセリングが好きでした。

もちろん治療に特化したカウンセリングもある

補足しておくと、私の受けていたような自由なものではない、専門的なカウンセリングもあります。

例えばPTSDの治療に向けたカウンセリングがあるそうです。
実際に受けたことがないので何とも言えませんが、そこでは自由度が下がるでしょう。

カウンセリングの金額に見合うのか?

さて、お金の問題です。

前の病院ではデイケアとして受けることができ、自立支援医療制度もあり、カウンセリング1回当たりの費用は500円くらいと記憶しています。
転院してびっくりしたのが、カウンセリングは病院と独立した機関であり、料金も5000円から10000円近くするものであることです。

この金額に見合うのか。

それは各々が決めることである、としか言えません。
お金でメンタルの健康を買う、といっても高いには変わりないですからね。

転院先で受けるか迷ったのですが、心理検査でNGが出てしまったので今は受けておりません。

カウンセリングは自由な話をできる場を提供してくれるかもしれない

心にもやもやを抱えていて、自由な話をできる場が欲しいという人は山ほどいると思います。
そんな方にはカウンセリングをオススメしたいです。

金額に見合うかは各々が決めることです。
もし、金額に見合わないなと思うのならば、どこか別の場を探してみるのも手です。
今はネットやテレビ電話で悩み相談をしてくれることもあるそうですよ。

悩みを相談する、解決するという観点だけでなく、話を聴いてもらうという観点でもカウンセリングを考えてみてください。

是非、メンタルヘルス的生活を送ってください。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 医療

執筆者:

関連記事

双極性障害の診断が下ったときの心境

こんにちは、ヤチヤチルです。 周囲を見る限りですが、双極性障害の人はうつ病やうつ状態、適応障害と初診時は診断されることが多いという印象です。 そんな私もうつ病から双極性障害へと診断名が変更された一人で …

うつの人は少しだけ鈍感になった方が生きやすい

こんにちは、ヤチヤチルです。 うつや双極性障害などメンタルを病んでいる人は対人関係において精神的に敏感になりがちな傾向にあります。 双極性障害の私自身、職場や友人との関係でうつになることがしょっちゅう …

障害年金の書類は日付に注意しよう

※どこか表記等にミスが合ったらご指摘いただけたら幸いです こんにちは、ヤチヤチルです。 今、障害年金の書類の準備を進めているのですが、診断書などの前のクリニックの最終診察年月日にミスがあることが発覚し …

自分ができる範囲の生活をしよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 洗濯やご飯の準備、お風呂、掃除、洗い物……。 細かくみていくと、生活って案外やることが多いし、特にメンタルを病んでいると大変じゃありませんか。 夫婦共々双極性障害を患って …

社労士なしで障害年金が受給決定になるまで私がしたことのまとめ(流れ・苦労・やって良かったこと)

こんにちは、ヤチヤチルです。 【朗報】 障害基礎年金通りました(2級・社労士無し)。 皆様ありがとうございましたヾ(。・ω・)ノ 今度ブログにまとめようかな。 — やちる(ヤチヤチル)@メンタルヘルス …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly