メンタルヘルス

元気があれば何でもできるってどういうことなんだろうか?

投稿日:2018年8月29日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

有名な言葉ですが、元気があれば何でもできるってよく言いますよね。

体力面もありますが、精神面の元気も、何でもできるに大きく影響を及ぼします。
メンタルを病んでいる人は、特に実感することが多いかもしれません。
私もその一人です。

では、元気があれば何でもできるとはどういうことなのでしょうか?

元気があればできるのは挑戦することである

元気があれば何でもできる、というより、色々なことに挑戦ができると言った方が正しいように感じます。
挑戦できるとはいえ、法や倫理、社会常識の範囲に限られますが、元気があれば大抵の事に挑戦できます。

色々挑戦できるということは、選択の幅が広がるということなので、やれることが増えることであり、(定義は難しいですが)成功の機会も増えます。

挑戦できない理由に元気がないがあるのはなぜ?

元気があれば何でも挑戦できるは裏を返せば、挑戦できないのは元気がないからということになります。
もちろん、他の理由で挑戦できないというのもありますが、元気というのは挑戦に必要となる要因でしょう。

では、なぜ元気がなければならないのでしょうか?

それは主に次の3点でしょう。

挑戦に元気が必要な理由1:気力を湧かせる必要がある

何を始めるにもまず、気力がなければ行動に移せません
行動できないということは挑戦ができない、ということになります。

症状上、メンタルを病んでいると、気力が湧きませんよね。
気力が湧かないという点で、元気がないのは障害となります。

悔しいですが、挑戦には気力が必要なのです。つらいものです。

挑戦に元気が必要な理由2:ポジティブになる必要がある

誰しも挑戦をするときは不安で一杯です。
しかし、元気があればそれを払しょくする、ポジティブな思考を持つことができます。

対して元気のないときは、心身ともにつらいからか、どうしてもネガティブになりがちです。
私もネガティブな思考から、夢をあきらめたことがあります(またの機会に書きたいと思います)。

一方で、ネガティブというのは必ずしも悪いことではありません。
危険なことを避けるためにはネガティブな思考が役に立ちます

とはいえ、ネガティブだと一歩踏み出すことができず、挑戦ができないため、チャンスをものにすることができる機会が、ぐっと減ってしまいます。

挑戦に元気が必要な理由3:体力が必要となる

体力面でも精神面でも、元気がないときには体力が削れており、挑戦することができません
体力は行動するうえで絶対に必要になることは疑いないでしょう。

体力がないからと、無理して体力を付けようとすると、途中で体調を崩したときにはくじけてしまいます。
そもそも体力をつけるための行動もできないかもしれません。

体力は挑戦のために必要不可欠なのです。

無理に元気を出すのではなく、今ある元気で何とかしよう

じゃあ、挑戦のためには元気を出せばいいんだ!と思われるでしょう。

それを否定はしませんが、私はあまりオススメしません。
なかなか無茶なことだからです。

とくにメンタルを病んでいる人は、無理に元気を出そうとすると悪化します
では、どうすればいいのか?

持っている元気の範囲でやるしかない

無理に元気を出さず、自分の持っている元気の範囲で挑戦していけばいいと思います。

もちろん制限はかかります。制限ゆえに、悔しい思いもするでしょう。
それでも、自分の持っているもので挑戦する他ありません。

元気の量に応じて、できることの範囲は決まってしまいます。
元気があれば何でもできるとは、良い言葉であると同時に重い言葉でもあります。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス

執筆者:

関連記事

「過小な要求」がパワハラだって知ってた?

こんにちは、ヤチヤチルです この前TVを観て知ったのですが、「過小な要求」というのがパワハラに当たるそうです。 実は思い当るところがあって、おそらく上司から「過小な要求」を一時期受けていました。 パワ …

幸せそうな人を妬んでも幸せにはなれない

こんにちは、ヤチヤチルです。 幸せそうな人を見ると、こっちまで幸せになることがあります。 一方で妬ましく思うこともありますよね。 私含め、大抵の人は、そんなできた人間ではありません。 妬ましさを抱える …

頑張りは真似ではなく参考にしよう

こんにちは、ヤチヤチルです。 世の中、色々な人が色々な頑張りを見せています。 頑張っている人を見て、ああ私も頑張らなければ、と思うことも多いでしょう。 感化されるのは良いですが、頑張りは真似ではなく、 …

【感想】ブリ猫。『うつを甘くみてました』

こんにちは、ヤチヤチルです。 今回はブリ猫。さんの闘病マンガ『うつを甘くみてました』の感想になります。 Twitterやpixivで発信して、書籍化になったマンガです。 私と同様に、ブリ猫。さんもⅡ型 …

病気と付き合うために不調の合図を知るべし

こんにちは、ヤチヤチルです。 双極性障害のような、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気は、上手に付き合って生活するしかありません。 そこで大事になるのが、不調の合図を知っておくことです。 不調時の対 …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly