メンタルヘルス 日常 趣味

自分には合わないけど一度続いてしまったものをやめる決断

投稿日:2018年10月21日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

一度手に付けたことがやめられない、って経験、みなさんありませんか?

私はよくあります。
さっきもあまり合わない本を無理して読んでいました笑。
それで、その本とはお別れすることを決めたのですが、なんだかほっとしましたね。

自分に合わないものはちゃっちゃと止めちゃった方がいい。

読書以外にも、スポーツだったり、映画鑑賞だったりと色々趣味ってありますよね。
それぞれ始めたきっかけがあって、知識を付けたいから、体力増強のため、すっきりしたいから、何となく等と色々とあると思います。

何となく始めた方は何となくでやめることができると思うんですが、目的意識を持ってしまうとなかなかやめづらいですよね。
特に合わないけれどいい感じで続いちゃってるものをやめるのは抵抗があるでしょう。

どんなに続いたものでも合わないならやめるべき

私は長く続いていて抵抗があっても合わないと感じたならやめるべきだと思います。
以前、趣味が義務になる、に関した記事を書きましたがそれと似たようなことです。
いくら続いていても合わないのならあなたのためにはなりません。

あまり面白くない本なら残り半分でもやめる。
筋トレも毎日したくないなら量を減らす。
映画がつまらなく感じたら、途中でやめて別の事をする。

こうした方が精神的にも時間的にも良くないですか?

費やした時間は無駄ではない

中には「せっかく時間をかけたのに……」と感じる人もいらっしゃるでしょう。
気持ちは分かります。これまで費やしてきた時間は何だったのだろうと。

でも、私は費やした時間は無駄ではないと考えるようにしています。
その本やスポーツ、映画は自分には合わなかったということがわかったのは良かったことではないでしょうか。

更に言えば、費やした時間で何かしら学びがあったのではないでしょうか。

つまらないけどこの本の一部分は役に立った。
スポーツして体力はついた。
展開が好きではない映画だったけど共感できるシーンがあった。

時間は有限だけれども、全てが経験と思えば、そう悪いことではないかもしれません。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 趣味

執筆者:

関連記事

「生物学的死」と、「社会的死」と、お医者さんと

こんにちは、ヤチヤチルです。 Twitterでのツイートだったかと思いますが、お医者さんの役割について少し気になったので、記事にすることにしました。患者のくせに生意気ではあるのですがね笑。 目次お医者 …

休職・退職ができたのは妻のおかげだった

こんにちは、ヤチヤチルです。 私は病状が悪化して休職、そして退職をしました。 当時は悩みましたが、メンタルヘルス第一に考えると退職して良かったな、と今となっては良かったと考えています。 私の休職・退職 …

なにもかも投げ出したい日にやってほしいこと

こんにちは、ヤチヤチルです。 やる気が全く起きない、気力が湧かない、何もしたくない。 何もかも投げ出したい日は、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。 そんな自分に嫌気が差すこともありますよね …

休み明け早々、気合入れ過ぎてうつにならないように!

こんにちは、ヤチヤチルです。 2019年になりました。今年もよろしくお願い致します。 もう仕事始めをむかえた人もいらっしゃるかと思いますが、これからの人も多いことでしょう。 同時に休み明けに鬱転したり …

双極性障害との付き合い方を病歴9年の私が改めて考えてみた

こんにちは、ヤチヤチルです。 この記事を書いているとき、私は病歴9年になります。 今のところ、上手くお付き合いできているはずです。 でも、双極性障害と付き合うに当たって、何が大切なのかあまり意識してい …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly