メンタルヘルス 日常 食事

喫茶店・カフェに行ってリラックスできる「場所」を買おう

投稿日:2018年8月1日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

生活に疲れたときや、勉強が捗らないとき、気を落ち着かせたいとき、人によって色々なリラックス方法があると思います。
散歩する、ジムに通う、買い物をする、美味しい物を食べる、といったところでしょうか。

ここで提案したいのが、喫茶店・カフェに行くことです。

 

喫茶店・カフェで「場所」を買うこと

「こだわりがあるならともかく、一杯のコーヒーに何故高い値段を出さなければならないのか」という意見もあるでしょう。

喫茶店やカフェは、飲み物にお金を出すというより、「場所」を買うところだと思います。

落ち着いた「場所」で、ゆったりと過ごす。
座っている席は自分の「場所」であり、何者にも侵害する権利はない。
それこそが醍醐味ではないでしょうか。

またリラックスできる「場所」で心地よい時間を過ごすと、心に余裕が生まれます
心に余裕が生まれると、仕事が捗ったり、良いアイデアが生まれるものです。

喫茶店・カフェで「場所」を買うことは、リラックス以上のものを得られます。

純喫茶か、チェーン店か、おしゃれなカフェか

喫茶店・カフェと言っても色々あります。

雰囲気によって、好みは人それぞれ分かれるでしょう。

純喫茶

喫茶店といえば、純喫茶を思いうかべるのではないでしょうか。

純喫茶の特徴は、何と言っても落ち着いた雰囲気でしょう。
色味使いの落ち着いた装飾、ゆったりとしたクラシック、静かな店内。

大人のための「場所」ともいえるでしょう。
もちろん、若い人にもおすすめです。
行きつけのお店を見つけておくといいかもしれません。

チェーン店

チェーン店の特徴はハードルが低く安心感がある、というところです。

どこにいっても、店舗内の内装や雰囲気に大きな差はありません。
店によりますが、値段も全国均一であることが多く、安価に設定されています。
安く自分の「場所」を買えるのは、うれしい限りです。

適度ににぎわっている店内は、逆に自分の「場所」を強調してくれます。
色々な人がいるので、比較的自由に振る舞えるのも良い点です。

おしゃれなカフェ

純喫茶やチェーン店が、リラックスできる「場所」を提供するのに対して、おしゃれなカフェは楽しい「場所」を提供していると言えます。

例えば、インスタ映えする料理や飲み物を出していたりしますよね。
主に若年女性でにぎわっている印象を受けます。

今回はリラックスできる「場所」の話題なので、おしゃれなカフェは少々色が違うでしょう。

喫茶店・カフェがリラックスできる「場所」じゃなくなるときもある

基本、喫茶店やカフェは、リラックスできる「場所」ですが、ときにはそうでなくなることもあります。

客層がいつもの雰囲気と違う

お客さんも、店の雰囲気の一つです。

大抵、似たような人が集まってきます。
例えば、観光地なら観光客が集まるし、地方なら地元の人が集まります。
それもリラックスのひとつです。

ただ、店は客を選ぶことはないため、店内の客層がいつもと異なる日もあります
いつもと客層が異なると、店の雰囲気が変わります。

それを刺激と感じるか、ストレスと感じるかは人それぞれです。
ストレスに感じる方は長居しないようにしましょう。

自分のコンディションが悪すぎる

自分自身のコンディションが悪いときに、リラックスしに喫茶店やカフェに行くこともあるでしょう。

適度に悪いなら、問題ないかもしれませんが、あまりにも調子が悪いときは、無理をしないのがいいでしょう。
特に、広場恐怖やパニックを持っている人は要注意です。

一度店内に入ってから調子が悪くなってしまった場合は、すぐにお店を出ましょう。
ときには早く退席する決断も大切です。

喫茶店・カフェに行ってみよう

私としては、喫茶店やカフェで「場所」を買い、くつろいでリラックスする時間はかけがえのないものなので、是非おすすめしたいです。
喫茶店やカフェに行って、より良い時間を過ごしてみてはいかがですか。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 日常, 食事

執筆者:

関連記事

場合によっては何かしてる方が精神は安定する

こんにちは、ヤチヤチルです。 メンタルを病むと何もせず、何も考えず休む時間を必要とすることがあります。 一方で、たとえ休養中だとしても、何もしない状態ばかりが続くと、逆にメンタルの調子を崩す場合がある …

今日やろうと思っている目標の一割ができたら上出来♪

こんにちは、ヤチヤチルです。 明確に紙に書いたり、漠然と思ったりと、どんな形であれ一日の目標を立てる日が多いかと思われます。 ここでの目標とはスケジュールと言い換えてもいいでしょうか。 例えば、料理を …

その趣味、義務になってない?

こんにちは、ヤチヤチルです。 読書、ランニング、ゲーム、映画など人それぞれ色々な趣味があるでしょう。 仕事や日常の喧騒を忘れて、趣味に打ち込むのは大変気持ちが良いものです。 一方で強迫的になり、趣味が …

恥ずかしながら、発病前は精神疾患に対して偏見がありました

こんにちは、ヤチヤチルです。 このブログの読者は、私と同様に、メンタルに何らかの不調を持っている方が多いと思うので、書くのを少しためらったのですが、正直に書こうと思います。 双極性障害を発症する前は、 …

私は双極性障害という病気(障害)を二度受け入れた

こんにちは、ヤチヤチルです。 このブログにアクセスしてくれる人の多くは、精神疾患を持っていると思います。 中には、なかなか自分の病気(障害)を受け入れられない人もいることでしょう。 病気(障害)を受け …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター(内職)。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly