スティグマ メンタルヘルス 実体験 社会

「不幸自慢」をやめろというのは酷ではないだろうか?

投稿日:2018年7月29日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

実生活でもSNSでもいいですが、「不幸自慢」を見かけたことはありませんか?

例えば、サービス残業の時間を自慢したり、病気の重さを自慢したりといったものです。

年収自慢や学歴自慢も不毛なことですが、「不幸自慢」は本当にマイナス要素しかないように映りますよね。
やめた方がいい、という意見が多数を占めるでしょうし、それは優しさでもあります。

でも、「不幸自慢」をやめろ、というだけでは酷ではないでしょうか?

 

難病の子の母親同士による「不幸自慢」のし合い

大学生の頃、特別講義か何かで、難病の子の母親2名から難病支援の話を聴く会がありました。
その会で私の中に一番印象に残っているのは、話の内容ではなく、母親同士の「不幸自慢」の場面です。

裏側としての「不幸自慢」

会の特性上、支援の話だけでなく、必然的に自分の子の話も出てくるわけです。
「私の子は○○ができなくてね・・・。」といった具合です。

学生たちがそれを大変だなあと聴いていると、もう一方の母親がそれに被せて「あなたはまだいいじゃない。私の子は△△すらできなくて・・・。」と、自分たちの方がより大変であることを強調してくるんですよ。
それが何度も繰り返されていました。

(どうしても文字だと非常に伝わりづらいのですが、)このやりとりは不幸を漂わせることなく、世間話をするようになされていました
異様な光景でした。
長いこと難病の子を育ててきてで得た達観を持ち、一方でどこか切なさを感じさせるものでした。

後で講義の担当教員に、私の感じたことを伝えたところ、「それが裏側なんだよ。それを踏まえて福祉は考えていかなければならない」、と語ってくれました。

「不幸自慢」はメンタルの松葉杖

母親同士の「不幸自慢」の根底にあるものは何でしょうか?

単なる自慢ではない、ということは分かっていただけたはずです。
私は、つらい状況から自分の精神が崩れないように必死で支える、ということだと思います。
「不幸自慢」がメンタルの松葉杖として働いているのです。

程度の差はあれど、ブラック企業自慢や病気自慢といった「不幸自慢」も、根底は母親たちと同じです。
過酷な環境を生き抜くための生存戦略として、獲得したメンタルの松葉杖なのです。
「不幸自慢」をする人間、いや「不幸自慢」をせざるを得ない人間にとって、今の状況を耐えるうえで欠かせないものとなっています。

単純に「不幸自慢」をやめろとは言えない

「不幸自慢」はマイナスの要素があるのは確かです。
では、単純にやめろというのは果たして「不幸自慢」をする人にとって直接プラスになるのでしょうか?

私はそうは思いません

先ほど述べたように、「不幸自慢」はメンタルの松葉杖となっており、その松葉杖を取り去ることは、身動きを取れなくすることにつながります。
そうなると、「不幸自慢」をする人はメンタルを病んだり、元々病んでいる人はより悪化することとなります。

「不幸自慢」の人には助言だけでなく支援も必要

そもそも、松葉杖を必要としている人は、社会的な「傷病」に罹っているともいえます。
「傷病」に罹っている人から松葉杖を奪うだけの行為をすることは、酷なことではないでしょうか。

では、どうしたらいいのか。
それは適切な支援へ導いてあげることです。

社会保障や福祉制度を紹介したうえで、「不幸自慢」をやめるように助言してあげましょう。

適切な支援がないときは、それは社会の裏側であり、社会全体で考えるべき問題が存在するということです。
何かしらのアクションを起こすタイミングです。

「不幸自慢」との関わり方を今一度考えてほしい

「不幸自慢」はマイナスですし、聞かされる側もつらいです。

一番の理想は「不幸自慢」がない社会を作ることでしょう。
かといって、単純にやめろと言うのは、優しさであっても反対です。

「不幸自慢」がやかましいと思ったのなら、距離を置く、受け流すなど、深い関係を作らないことが良いでしょう。
残酷なようですが、お互いの身を守るためです。
「不幸自慢」の関わり方を、今一度考えてみてください

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-スティグマ, メンタルヘルス, 実体験, 社会

執筆者:

関連記事

長年双極性障害を患っていると本当の自分がわからなくなる

こんにちは、ヤチヤチルです。 精神疾患に限らず、病気を持っている方は、自分がわからなくなると感じることがあるかと思います。 それは、病気の存在がもたらしたり、病気の症状が影響したりするでしょう。 もち …

双極性障害から双極症へと名前が変わることで個人的に思うところ

こんにちは、ヤチヤチルです。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「双極性障害」は「双極症」に名前が変更になるそうです。 「……2018年に発表が予定されている世界保健機関(WHO)の診断分類の日本 …

幸せそうな人を妬んでも幸せにはなれない

こんにちは、ヤチヤチルです。 幸せそうな人を見ると、こっちまで幸せになることがあります。 一方で妬ましく思うこともありますよね。 私含め、大抵の人は、そんなできた人間ではありません。 妬ましさを抱える …

読書への自信喪失が本を読み切れない背景にあった

こんにちは、ヤチヤチルです。 双極性障害にかかってからも、波はあれど趣味として読書はできていました。 しかし2~3年前から、パタッと本が読めなくなってしまったんですよ。 正確には、最後まで読み切ること …

うつで休むことに抵抗はいらない

こんにちは、ヤチヤチルです。 有給に休職に休学……。 私はこれまでうつで何度も会社や学校を休んできました。 うつで休むのってどうしても抵抗を感じますよね。 でも、調子が悪いなら思い切って休んでしまいま …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly