メンタルヘルス

人間できることは限られていると双極性障害になって学んだ

投稿日:2018年8月3日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

私は20歳くらいからうつ病を患っており、その後双極性障害(そううつ病)と診断されました。

基本、病気は悪いことばかりです。
何らかの病気を患っている人なら分かると思いますが、できることが限られてきます。
色々な場面で不便が生じます。

しかし、病気は悪い面もありますが、学ぶ面もあります
先ほど述べた不便から学んだことの一つとして、人間できることは限られている、というのがあります。

病気云々以前に人間には限界がある

病気になると、人間限られたことしかできない、という実感が湧きます。
病気による制限は大きなものだからです。

私も病気を抱えつつ働いていたのですが、とうとうダメになって退職しました。
限界を超えて働いていた結果でしょう。

さて、いわゆる健康な人はどうでしょうか。
健康な人でも、できることは限られてきます
程度の軽重はあれど、できることの制限は、みんな受けるのです。

そして、その制限を超えてしまうと、身体的・精神的な不調につながります。
受けている制限の中で、生活していく必要があります。

できることを限らせる要因

先ほど述べたように、健康な人でも、病気を患っている人でもできることは限られます。

では、できることを限らせる要因には何があるのでしょうか。

身体的・精神的なエネルギーが不足している

疲れているときや病気を抱えている場合、他の人よりエネルギーが不足します
エネルギー不足は、活動に制限をかけます。
必然的にできることが限られてくるのです。

例えば、精神疾患は精神はもちろんのこと、身体的なエネルギーも枯渇させます。
自分のエネルギーを超えて活動することはできません。
残ったエネルギーでやりくりするしかないです。
活動できたとしても、後でツケが回ってきます。

双極性障害を患っている人は躁でエネルギーが湧きすぎるので、この点は気を付けなけましょう。

スキルが足りない

ブログを例とします。

ブログ独特の文体を知らなければ、読みやすいブログに仕上がりません。
語彙力がなければ、表現の幅が広がりません。
タッチタイピングやフリック入力が早くなければ、時間がかかります。
自分を鼓舞する力がなければ、継続することが難しいです。

このようにブログ一つ取っても、スキルによる制限を受けます
精神疾患を患っていると、前にできたことができなくなることがあります。
今まで持っていたスキルが減るのです。

今は、持っているスキルで何とかするしかありません。

時間を確保できない

時間は有限です。
神様でもない限り、一日を30時間にすることはできません

例えば8時間の労働時間に加えて、1時間の休憩、往復1時間の通勤とすると残された時間は14時間です。
加えて、7時間の睡眠に食事、入浴などを考慮すると、残りの自由な時間は5時間になります。
5時間でできることは限られてきます。

更に、病気を抱えている場合、エネルギー回復に時間がかかります。
もっと自由な時間が削られるのです。
時間による制限はバカにできません

今できないことが後々できるようになることもある

やれることが限られる、と述べましたが、それは今の話です。

今後どのようになっていくかはわかりません。
少しずつ慣らせば、エネルギーのやりくりがうまくなったり、絶対量が増えるかもしれません。
限られた時間とエネルギーで、スキルを磨くことができれば、職の幅が広がるかもしれません。
残業をやめたり、転職をすれば時間が増えるかもしれません。

今できないことができるようになる可能性は、残されています。

まずは今できる範囲で生活しよう

できることは限られている、と悲観的になり過ぎなくてもいいと思います。
できることを広げるぞ、と意気込むのも控えた方がいいでしょう。

これは、主治医に口酸っぱく言われることですが、今できることだけやることが良いです

私は今、外で働くことはできません。
なので、自宅でできることをやろうと思い、ブログを始めました。
どうやらブログならできるようで、今のところ続いています。

人間、できることは限られています。
まずは、できる範囲で生活をしましょう。
今を生きることが、何よりも大切です。
そのうち、できることは広がってくるかもしれません。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス

執筆者:

関連記事

幸せそうな人を妬んでも幸せにはなれない

こんにちは、ヤチヤチルです。 幸せそうな人を見ると、こっちまで幸せになることがあります。 一方で妬ましく思うこともありますよね。 私含め、大抵の人は、そんなできた人間ではありません。 妬ましさを抱える …

「生物学的死」と、「社会的死」と、お医者さんと

こんにちは、ヤチヤチルです。 Twitterでのツイートだったかと思いますが、お医者さんの役割について少し気になったので、記事にすることにしました。患者のくせに生意気ではあるのですがね笑。 目次お医者 …

我々は病者である前に人間である

こんにちは、ヤチヤチルです。 深い、けどあたりまえのことをタイトルに付けただけなんですが、色々思うところのある人もいるので記事にしてみました。 今後より深めていくつもりです。 目次療養への息抜きだって …

社労士なしで障害年金が受給決定になるまで私がしたことのまとめ(流れ・苦労・やって良かったこと)

こんにちは、ヤチヤチルです。 【朗報】 障害基礎年金通りました(2級・社労士無し)。 皆様ありがとうございましたヾ(。・ω・)ノ 今度ブログにまとめようかな。 — やちる(ヤチヤチル)@メンタルヘルス …

将来のことを考えて不安になっても仕方がない

こんにちは、ヤチヤチルです。 みなさん、将来に対して不安はありますか? 私は将来に対して不安が盛りだくさんです。 仕事はどうしよう、生活はどうなるのか、大阪に住むのか東京に戻るのか、両親の葬式はどのよ …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly