メンタルヘルス 仕事 実体験 社会

自分の中に存在する”一般的”という視点

投稿日:2018年7月24日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

先日、久しぶりに友人から電話がかかってきまして、入籍の報告と結婚式への招待を受けました。
おめでたく光栄なことなので、謹んで招待を受けることになりました。
そのときに思った、自分から自分への”一般的”というまなざしについてです。

平日は”一般的”には働いている時間

結婚式の話をして軽く談笑した後、電話を切るときに「昼休み中にごめんな」、と言われました。
私は働いてないので、一瞬???となってしまったのですが、よくよく考えたら一般的には働いている時間。
そりゃそう言うよな、と思いながら「いやいや、いいよ。おめでとう」と言って切りました。

ずいぶん働いていないので忘れてたのですが、平日昼間は”一般的”には働いている時間です。

失業したことは、リアルでは親族しか知りません。
なので、その友人はてっきり私が働いているもんだと思っていたわけです。
色々カミングアウトしようかな、とも考えたのですが、おめでたい話の後にするもんじゃないな、と控えました。

自分の中の”一般的”が肩身を狭くする

その電話が終わった後は、びっくりしたーという感想しかなかったのですが、時間が経つにつれてひしひしと感じる肩身の狭さ
”一般的”には働いているのが当然なんだろうなあ、と。
友人から嫌なことは言われてないんですけどね。

休職や退職の当初は、周囲の目を痛く感じていたのですが、既に気にならなくなっていました。
私の交流ツールの一つであるTwitterには、私と同じ状況の人が多く、無職であることはさほど気になりません。
なので、働いていないという状態を受け入れられるようになった、と思っていたのですが、そうでもなかったようです。

自分の中の”一般的”という視点から逃れるには

”一般的”に言って、働いていない状況は考えにくいことです。

学生時代、私も無職の状態なんてありえない!と考えていました。
転職するにしても、ほとんど空白期間がないことが多いのではないでしょうか。

ここで想定している”一般的”とは、社会の中で構築を繰り返されてきた常識のようなものです。
私の中にも”一般的”という視点があります。

それは悪いことではないと思います。
ただ、”一般的”を自分の人生に何でもかんでも当てはめてしまうのは、人生をつらくします

私が思うに、”一般的”という視点から逃れるには、自分を受け入れることが一番です。
今の自分を肯定してあげましょう。
自分は自分であり、他人は他人である、比較しない、ということが大事だと思います。
もちろん時間はかかります。

私はもう十分にできているな、と思っていたのですが、今回の件で、まだまだだということが明らかとなりました。
やっぱり時間がかかるんでしょうね。

これから、リア友や、私が無職であることを知らない親戚と会う機会もあるでしょう。
そのために、今のうちにトレーニングを積んでおきたいところです。

以上、ヤチヤチルでした。

スポンサーリンク




-メンタルヘルス, 仕事, 実体験, 社会

執筆者:

関連記事

恥ずかしながら、発病前は精神疾患に対して偏見がありました

こんにちは、ヤチヤチルです。 このブログの読者は、私と同様に、メンタルに何らかの不調を持っている方が多いと思うので、書くのを少しためらったのですが、正直に書こうと思います。 双極性障害を発症する前は、 …

その趣味、義務になってない?

こんにちは、ヤチヤチルです。 読書、ランニング、ゲーム、映画など人それぞれ色々な趣味があるでしょう。 仕事や日常の喧騒を忘れて、趣味に打ち込むのは大変気持ちが良いものです。 一方で強迫的になり、趣味が …

休み明け早々、気合入れ過ぎてうつにならないように!

こんにちは、ヤチヤチルです。 2019年になりました。今年もよろしくお願い致します。 もう仕事始めをむかえた人もいらっしゃるかと思いますが、これからの人も多いことでしょう。 同時に休み明けに鬱転したり …

お金よりもメンタルの安定が大事、と言いたいけれども……

こんにちは、ヤチヤチルです。 あらかじめ言っておくと、お金が欲しくないわけではないんです。 むしろお金欲しいです。 お金はとても大切ですからね。 でも、それ以上に欲しいのが、メンタルの安定なんです。 …

双極性障害との付き合い方を病歴9年の私が改めて考えてみた

こんにちは、ヤチヤチルです。 この記事を書いているとき、私は病歴9年になります。 今のところ、上手くお付き合いできているはずです。 でも、双極性障害と付き合うに当たって、何が大切なのかあまり意識してい …

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly