運営

記事を書き始めて1ヶ月たったので感想を書いてみた

投稿日:2018年8月8日 更新日:


こんにちは、ヤチヤチルです。

ブログで記事を書き始めて1ヶ月たちました。
1ヶ月しか続いていないのですが、色々と思うところがあります。
なので思ったことをつらつらと書いていきます。

記事を書き始めて1ヶ月で感じたよかったこと

1ヶ月間ながら、よかったなーと思うことがあります。
いくつかありますが、特にこの2つです。

記事に反応がもらえるのがうれしい

拙い乱文かもしれませんが、自分なりに頑張った成果として記事は生まれます。
その記事に対して反応をもらえるのはとてもうれしいです。

また、反応がもらえるということは微力ながら役立つ記事になったかなと思っています。
そう考えるとよりうれしく感じます。

反応をもらえるのは一番のモチベーションです。

記事の書き方を試行錯誤するのが楽しい

少しずつですが読みやすい記事になるよう、記事を書くたびに改善をしています。
書き方の本を読んでみたり、他の人のブログを参考にしたり、妻に意見を貰ったりして、それを反映しています。

苦しい部分もありますが、元来の勉強好きもあって試行錯誤するのはとても楽しいです。

生活にメリハリが出た

休職続きからの退職して無職なので、ここ半年あまり活発に何かをやってきませんでした。

記事を書くことは時間も手間もかかるので、一日にやることが増えてきます。
そのため、生活にメリハリが生まれました。
以前よりも充実した生活を送っているように感じています。

今後どのような形で社会復帰仕事をするのかはわかりませんが、そのための足掛かりになっていることは間違いないです。

記事を書き始めて1ヶ月で感じた課題

良かったこともありますが、課題として残されていることもありました。

積極的にネタ探しをしたい

最初はできるだけ量を書くことが大切だと聞いたので、書くことがパッと思い浮かばず、必死でネタ出しするときもあります。
今日はこれを書こう!と思っても忘れてしまったり、熱意が失われてしまうこともしばしば。

これでは続かないので積極的にネタ探しをしていきたいと考えています。

最近は思い浮かんだらすぐにスマホにメモするようにしています。たまにツイートもします。
私の場合、特に深夜帯によく思い浮かびます。

ブログに振り回されず自分の生活を第一に

今日は何を書こう、いつ書こう、などブログに振り回される日がしばしばありました。

ブログはあくまで生活の一部で、大切にしなければならないのは自分の生活です。
このことをつい忘れがちになっているので、生活を圧迫しない程度に、そして生活にうまく溶け込むように続けていこうと思います。

これからもブログは続けていきます

この1ヶ月で色々なことを学びました。

まとめると、ブログは思った以上に楽しいです。

しかし、楽しいだけでは続きません。
読者の皆様の支えがモチベーションの維持につながっています。

これからも宜しくお願い致します!

スポンサーリンク




-運営

執筆者:

管理人のヤチヤチルです。
双極性障害(Ⅱ型)。手帳2級。
同病の妻と手を取り合いながら暮らしています。
【経歴】
東京大学大学院卒。
IT系企業に就職。1年半で休職、2年で退職。
現在Webライター。
お仕事は、問い合わせ or TwitterのDMにて。


follow us in feedly